「頼れない」「甘えられない」とは?

恋愛相談でよく女性から耳にする言葉。

「頼れない」
「甘えられない」

これは親に対しても、仕事でも・・・よく聞く悩みかもしれません。

でもそれは、自分に対してどういうことをしているのか?
相手に何を残しているのか?

本当の意味を知ってますか?

  

ひとりにならないで。

どれだけ頼りたくても、甘えたいと思っていても
結果的に「頼らない」、「甘えない」ということは

ひとりでいようとすること。

相手が頼りがいがない・・・、まだ未熟と思うのは、ただの言い訳で、
相手にその可能性も力もあるということを、自らが信頼していないんだよね。

人って、ひとりで生きられなくて
誰かと関わり合って生きているのだから、頼ってて当たり前なの。
頼っていないと思うなんて、ありえないくらいにね。

そして逆に!!!
身近な人から「頼られない」「甘えられない」のは、なんか無性に寂しく感じるものだよ。

自分を律するため、
迷惑をかけないため、
巻き込まないためにひとりになろうとするんだろうけど

大切な人が頼ってくれないということは、
こちらも、ひとりにされちゃうってことなんだよね。

ひとりで何でも抱えちゃうと、相手も取り残されるってこと。

結果、どっちもひとりで
どちらにも「寂しさ」が残るだけ。

これって大切な人にすることじゃないよね?

生きてくるとき と この体から離れるとき はひとりなんだから、
それ以外の人生は、誰かと生きていると知ること。

誰かと生きるしかないんだよ。
いや、これでは・・・言い方が仕方ない風に感じるな。

誰かと生きる喜びを見出すため、幸せを感じるために人生はある

って知って。

「頼らない」「甘えない」なんて、自分勝手と同じなんだから!!!

ということは?
別れようと決意した時に、頼らない・甘えないを使うんだよ。
互いにひとりになることが覚悟できるから。

   

毎日が「ともに」。

わたしがすべてのエネルギーを注いできた24年の3人の子育てに、今、終わりが見えています。

母という、わたしにとって大切な役割を外したただの『わたし』になった時、そこにいるのはどんな自分なのか。

自分のことだけを考えていい時間がたんまりとやってくるなんて!そう考えただけでとても喜びを感じます。

が!!!
終わるということは始まるんです。(何が始まるんでしょうねぇ❥❥❥)

別れや終わりは、ともに生きることができないと一旦思い知ることでもあるから、その時はどれほど寂しいか・・・

でもその寂しさを知るからこそ、人はまた温もりに戻ろうとします。
それが自然なのです。

これまで育んできた絆は永遠にわたしの中に残り、これから遠くに離れても温もりは消えません。自分の財産となり、また誰かと育んでいく喜びを教えてもくれます。

「頼らない」「甘えない」ことを、
故意ではないと本人は思っているでしょうが、自然でもありません。

自分に厳しいというか、
心を自分とも誰とも繋がないというか、
楽になることをゆるさないというか・・・

それは、不自然に離れようとすること、自分を切り裂いているかのようです。

離れようとすること以外の解決策はたくさんある。
「ともに生きる」とは、解決策を一緒に考えること、視野をともに広げることだから。

  

「頼る」「甘える」は、生きる上で当たり前のこと。
自分が何かに夢中になったり、心が動いたり、心底笑ったりすることと同じ。

苦手と思うなら、関わり合い、つながり合うことを許そうとしない自分がいることを、まずはゆるしてあげましょ❥

2021年1月開催

12月19日(土)10時〜18時
大阪市内 古民家にて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!