ご縁が遠ざかるとき、ご縁が切れるとき。

セッションなどで、最近よく耳にすることが
『縁が切れる』です。
 

  

  • 何かをしたワケでもないのに、相手にブチっと切られた・・・
  • 何故かしっくりこない・・・
  • 体調が悪い(病気、ケガなども)・・・
  • 距離ができてしまう・・・
  • なかなか会えない(お互いに時間が合わない)・・・

 
これらは
『今』の自分のエネルギーと合っているかどうか、現象として現れている。

『今』という時は、やってきたことの表れ。

何故かご縁が深まらないということは、
過去に自分で選択しなかった道を、
今の流れで体感しているということ。


ご縁が深まらないこと、
離れてしまうこと、に

落ち込んで、
自分や相手を責めたりしなくていい。

悲しみや怒りは
味わいきるといい。


味わえば
悲しみや怒りは薄まり、
そこからのメッセージを受け取ることができるから。

感動とは、「喜び」や「楽しさ」、「嬉しさ」だけじゃない。
「悲しみ」も「怒り」も「苦しみ」も「みじめさ」も
生きているから味わえる感動のひとつ。


事実を見つめ、
自分にとって
目の前の出来事は心地いいか、心地よくないのか、

自分の人生にとって
大切なのか、そこまで大切じゃないのか、

後悔しないか、後悔が残るのか、

 
自分の気持ちに素直になり、
それらを理解し、

最もやりたいと思うことは?

と、自分に問いかけてみましょう。


ここで大切なのは
「自分にとって」と「自分の人生にとって」で
優先すべき方は
「自分の人生にとって」です。

望んでいないことを知ったら、その後は 望むことに
自分のエネルギーを向けたらいい。

それだけです!
 


ご縁が遠ざかるとき、
ご縁が切れるときを
『そういう流れ』と受け身になる人は多いですが

ただ受け身で流れていては
人生は
影響の強い他人の意見や世の中の言いなりで生きることになります。


流れに身を任せるということは、

本当の自分の望みを
心の根っこまで見つめに行き、

その望みを強く想い、
エネルギーを注ぎきり、
もっともっとたくさん まわりにも話してください。

どんどん良くなっていきますから!

そうしたら、そのことすら忘れてかまいません。


ものごとには
人間の力だけではどうしようもない
大いなる流れやタイミングというものがあります。

それらを信頼するには

自分のできることを
めーいっぱいやるだけ。
そこにエネルギーを注ぐのみ。
 

自分の望みに
自分自身が抵抗さえしなければ
自然にあなたに大きな流れはやってきます。

そして
めーいっぱい生きたことが

何一つ、欠けてはならなかったピースのひとつだとも
後に知ることができますから。

あなたの
心の扉だけは、開け続けてくださいね。
 

 
春は、別れと出逢いの季節。
離れていくこと、別れることは、
寂しいだけではなく『人生を進むプロセス』です。
 

子ども達はそれを『進級』『進学』と位置づけています。


人生に
新たな道を創るために起こる現象。


ご縁が切れる、離れる、遠ざかる、ことは
心を閉じることに値することではありません。

それは新たなご縁を迎えるために起きることだから。
 

運命とは
そのタイミングとのきにどんな動きをしたのか?

何に、めーいっぱい取り組んだか?


変わります。

 
あなたの本来の望みは何ですか?
本当に今のままで良いのですか?

魂に投げかけられている時なのです。

8月8日(土)・9日(日)
10時〜17時

7月25日(土)・26日(日)
13時〜17時

*ZOOMにて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!