ありがとうは言えても「ごめんね」が言えない人へ

人は、自分が間違っていると思いたくないし、
これまで積み上げてきた経験、価値観を失くしたくはないもの。

よかれと思って行動しているから「心から謝る」という言動を好みません。
というか、簡単に素直になれません。
  

 
認められていないと思うと「自分」が自信を失くすから。

つまり
「自分」のことしか、まだ考えられない時なんです。

目一杯やったと「自分」で思え、それを「自分」がいちばん認めていたなら
非を受けとめることも容易です。

何故なら、大切にしたいことは「自分」のプライドではなく
互いの信頼だからです。

失くしたくないもの、本当に不安になること、後悔しないことはたったひとつ。
大切なことはシンプル。

 
それを潔く受けとめて行動し
その後、
「自分はその人とどういう関係性でいたいか?」は自分が決められるから。
 

「自分」だけの世界から抜けて、
「互いに」の世界で生きよう。
  

でもね!!!
人間だから 愚痴っちゃうっていうのも時に必要。
いつもクリーンな人でいるのって、ブッダでいることと同じだから、難易度高いんだわw


「ここだから言っちゃっていい?」なんて言って
ムッとしたことを言える友やパートナーを確保しておこう!

もしくは、そんな関係性を育んでおくことー❥

間違っても、メールとかで相談しないでね!

何故?って???
残るし、重いからwww 

  

  
「ごめんね」を言えるって、ひとつの山を一緒に超えること。
互いの関係性は発展します❥

ひとつの感情に覆われて、大事なものを見失うのはもったいない。

どうでもいい人に素直になれない、なんて人は思いません。
そこには本当に大切にしたいことが隠れてあります。

「あなたを愛してる」かもしれないし、
「もっと触れ合いたい」かもしれない。

本当に、本当に、本当のこと以外、さほど優先することはありません。

 
間違いも、黒い感情も誰にでもある。
それが自分にあることを責める必要はなく、相手を攻撃する必要もなく、

自分にあることを受けとめて、味わいきったらいい。
その時間が自分の人間性を磨いていく。

「素直になれなくてごめんね」は、
心のいちばん奥にある扉を開くカギ。

そして
これ以上マイナスのエネルギーを 自分の心と体に持ち続けないこと
にもなります。

 
どれだけ時間が経ったとしても「ごめんね」は届けよう。
過去まで遡って消化(昇華)してくれるから。

  

  

  

 

嫉妬はしてしまうんだけど、なかなか素直になれない、
ありがとうは言えても「ごめんね」が言えない、

旦那は留守がいちばん、でも別れない、
ひとりが楽、だけど彼が欲しい、

これらも同じです。
 

何故かって?
 

自己完結はしているけれど、
関係性を育むことはしていないから。

なのに人のせいにしちゃうー。
それ、ホラーですw

  
自己完結を超え、
関係性を育むことを伝えているのが
ラブカードトレーナー養成講座です!

興味のある方はぜひ!!!

最新情報をチェックしよう!