[ Solo time Communication ] WS

これからの時代を生きていくために必要なことは「自分との対話」

  

中島雅美(りんごろ)です。

子ども時代のわたしは
病人に囲まれて育ち、周りは忙しい大人ばかりでした。

家族と離れ
親戚に預けられることもありましたが

その環境を悲観することも
大人の顔色ばかりを見るようなことも
その世界に縛られることも ほぼありませんでした。

なぜなら
女の子であることを忘れるほど
朝から晩まで自然の中を飛び回り

「自分のことは自分に聞く」
もしくは
「自分のことは自然に聞く」
を 夢中でやっていたからです。

「勉強」や「日常」のことを
誰かに「こうした方がいい」等と言われた記憶はほぼなくて

まず、自分と対話し
自分の意志を尊重しながら
何事も自分で決めて動いたように思います。

  

今もさほど変わらないw

今、どんな気持ちで、どのような状態なのか
自分は何が好きで、何が苦手で、
何が得意で 不得意なのか、

自分にとって嬉しいこと、
優先したいこと、
心が静かでいられるのは どんな状態なのか。

【自分との対話】を中心に置いたときに
人間の日常や関係性はどのように宇宙にアレンジされ
出来事は起こされていくのか・・・

そのような摂理の中の「理」に
思いを馳せる時間が、成長とともに多くなりました。

その客観的視点、且つ、「理」資質の在り方が
わたしに様々な相談を 届けてくださるようになっていきました。

   

一度の人生、どれだけの真剣さと深さで、自分を理解しているか

「いつも何かをしなければならない」と
追い立てられるような、
誰かの期待に応えなきゃならないような気持ちに覆われると
わたしは疲れ始めてしまいます。

自分と話す時間が欲しいから。

「わたし」が
まずは
「わたし」の気持ちや体調に十分に耳を傾けたいから。

 

幼少時、忙しかった大人たちを見ていて
わたしは
「あなたは大丈夫?」
「今、どんな気持ち?」
「少しは休んでね。」等と
声をかけたい気持ちになっていました。

実際は、子どもの話に耳を傾ける大人はいないのだけど。

目まぐるしく、
人生の限られた時間を過ごす大人ほど
笑顔を失くしていくように、わたしには見えていました。

心配や不安、恐れや情が
その人の中で溢れたときに 問題となる出来事は起き、

意識はどんどん外側へと、相手へと向かい
再び、自分を奮い立たせる時間が始まる・・・

人はこうして
『自分の奥深くにある自分』から離れてしまうのか

何もできない未熟な自分に
無力感を感じたことも、よくありました。

ベッドで横たわる病人の方が
時間を意識し、静かで落ち着いた心を持ち、
真っ直ぐに人と接し、目も澄んでいたように見えたことは 少なくありません。

  

我が子がこの世に生まれきてくれた時は
その純粋無垢な姿に【尊さ】を改めて覚えました。

何者かになろうとすること
真っ白な世界に何を擦り込もうというのか・・・
 

教えることなど何もないかもしれない、
互いに育み合うことしか
それしかできないのかもしれないと強く覚えたことは昨日のことのようです。

それほど眩しくて純粋な【白】に
私は出逢ってしまった。

だから私は、
人に色を付けることがものすごく苦手だし
何かになろうとすることや
大きな影響力に染まることもできないし、

自分という存在の中で腑に落とす
【白】を磨くプロセスを飛ばして、
情報や誰かの言葉をそのまま使う
【白】を覆う曇に
自分も大切な人たちも
埋もれさせることもできない。

「誰だか分からない人」
「誰かの色」に
なることもすることもできない。

【白】を見つけて磨くことにのめり込むのも
個性やオリジナルに興味津々なのも
【白】という【尊さ】に出逢ってしまったから。

【尊さ】とは【個】。

自分の【個】をすべて理解してくれる人は
この世にはいないかもしれないけれど

すべては理解できないかもしれないとした上で、
それでもあなたを理解したいと
正直に、何も疑っていない、何も持っていないひとりの人間として
側にいてくれる人がいると、安心で心強く、実際に背中を押される。

  

自分がどれだけの真剣さと深さで
自分(相手)を理解しているか?

  

まずは自分が
自分のいちばんの理解者であること。

そこに テクニックや知識はいらなくて、
それは逆に
役立たなかったり、邪魔をすることもある。

テクニックや知識で自分の中に入ろうとする人

深く自分を理解しようと 正直である人

あなたはどちらに 心の扉を開くだろうか?

  

誰かとの時間を大切にするように 自分との時間を大切にする

[ Solo time Communication ] とは?
自分の奥深くにある自分との対話時間。

【対話】とは
自分を掘って
心配や不安、恐れや情を手放そうとすることではない。

自分の奥深くにある自分の声に 気づいたらいい。

見えなくなって潜んでいた自分の声に
ただ光を当てる。

そのプロセスが自分への深い理解となり、
やがて【自信】につながります。
 

「自分の声を、自ら聞いてますか?」
「声を聞く時間を、取ってますか?」    

自分の声に耳を傾ける「ソロタイム」を持つと
いつもは見えない自分のことも、
まわりのことも
いろいろと見えてくる。

自分ひとりで過ごす時間を持つことは
恐いことでも
悪いことでもなく
自分への理解を深めることであり、

自分を理解すればするほどに
他者を同じように深く理解できる。

   

誰かとの時間を大切にするように
自分との時間を大切にする。

 

だから自分と対話する。

この仕組みが
[ Solo time Communication ] です。

       

【 Solo time Communication 】の6つのテーマワーク

【 Solo time Communication の 6つのテーマ】
これらを日常の中で実践してもらいます。

★自分とつながる
『自分の中の深い自分とつながる』

★自分を信頼する
『自分に光を当てる』

★自分と対話する
『自分の本当の声をきく』

★自分を愛でる
『自分の親友になる』

★自分の世界を創る
『自分から生まれるワクワクを感じる』

★自分を生きる
『真実を生きる』

   

ライフツリーカードを活用する

  

喜びの中でも苦しみの中でも
どんなときでも
自分を見出していけるよう
カードを通して自分への理解を深めます。

このワークは、
【ライフツリーカードガイド】という資格取得にもなります。

ライフツリーカードとは?

ライフツリーカードとは、人生の波であるライフサイクルを知り、
それを自然からのメッセージに変え、自分で答えを見つけるためのカードです。
様々な活用法があり、ビジネスにも、人生にも活用できます。
このカードは全部で20枚のカードで成り立ちます。
それは
12の自然のエレメンツカード
・BLOOM
・EARTH
・FIRE
・MOON
・OCEAN
・RAIN
・RIVER
・SEED
・SKY
・SUN
・TREE
・WIND

8枚のツリーカードです
・SPRING TREE
・SUMMER TREE
・AUTUMN TREE
・WINTER TREE
・TREE OF LOVE
・TREE WITH BUTTERFLIES
・TREE WITH GOLDEN APPLES
・TREE OF KNOWLEDGE
12の自然のエレメンツカードを使って、10ライフサイクルをみることもできます。

ライフツリーカード公式サイトより

ライフツリーカードは何ができるの?

人生の悩みを解決するのに使ったり
ビジネスの解決に使ったり
売上をアップすることに使ったり
商品を創ることに使ったり
迷った時の道標にしたり
恋愛の悩みを乗り越えることに使ったり

自分のこと以外の様々なことにも使えるカードです。

こんな方にオススメ!

・ソロタイムコミュニケーションを深めたい方
・自己信頼を深めたい方
・自分の悩みを自分で解決したい方
・友達の悩みを「解決してあげる」のではなく、「自身に」解決して欲しい方
・コーチやカウンセラーの方で あらたな学びを深めたい方
・自分の本質で生きたい方
・自分に自信を持ちたい方
・今の流れ、これまでの過去、こらからの未来のサイクルを知りたい方
・インスピレーションや直感を大切にしたい方

このワークで得られるものは?

・ソロタイムを豊かにする
・自分との対話、相手との対話ができる
・自己信頼が深まる
・ライフツリーセッションをマスターするための心得
・同じ学びで過ごす仲間
・ライフツリーセッションができるガイド資格
・ライフツリーカードセット(リトルブック付き)
・自分で解決する力

フォローサポート

  • ソロタイムコミュニケーショングループ(Facebook)に無料招待します。
  • セッションの事例、実践の共有、質問等もできますのでご安心ください。

ワークセット内容

【プレミアム版セット内容】
・ノート・ライフツリーカード・ガイドブック(ハードカバー)・ポーチ

【スタンダード版セット内容】
・ノート・ライフツリーカード・ガイドブック(ソフトカバー)・巾着

受講者の声

それぞれがカードから感じた事をシェアするんだけど
ものの見事に ちゃんとメッセージが受け取れてて。
  
同じカードを引いてても 受け取るメッセージは人が変われば当然違う。
 
見えるものは同じでも感じ方は人それぞれ。
そして、本人が感じた事がその人にとって 今 一番必要なメッセージ。
それを まざまざと体感させられたし みんなの受け取るメッセージが本当に素敵で。
聞いてるだけでもものすごくいい気分。

私はこのカードを去年9月にマウイで購入して以来ずっと、自分の声を聴くためにひいてきました。
今年はコロナもあり自分の周りでも本当に色々な事があったから、何か大きな選択を迫られる度に、カードをひいて自分の想いを確認してきました。

自分にとって大切なことほど、頭の中に色々な声がうかんで(常識、世間体、〜すべきとか)どれが本当の自分の声なのか分からなくなってしまうから、そんな時にこのカードをひくと、自分の中でゴチャゴチャ絡まっていたものがスーっとシンプルに整理される感覚になります。

で、そんなふうに約1年間自分の為に使ってみて、自分と向き合う内観ツールとしてとても良いなと実感したので、このカードを使って、次は誰かのサポートができたらいいなぁと思い、今回ガイド講座を受けることにしました。

続き「Go to Okinawa」

ライフツリーカードは、自分への最高のプレゼントですね!
一度、ライフツリーの世界観を学ぶと、
あとはどんどん磨いていくだけで、
自分もまわりもハッピーになれるツールです❥

最後に

  

中島 雅美(りんごろ)です。
心理カウンセラーになって
ずっと感じてきたことがあります。

それは
自分が自分を尊び、信頼することが
側に在る人たちの最大の味方になれるということ。

カウンセラーは【側にある人】なのだということです。

命の誕生の瞬間には
誰もがありのままの『存在』を愛でる。

それは人生の中で
ずっと持続できることだと
わたしは揺るぎなく思います。

でも、
人生はいつでも幸せであれるとは限りません。
恐れを感じることも少なくはありません。

どんなことが目の前に表れたとしても、
『自分の奥深くにある自分』から離れないことが
自らを理解し、自分の最大のパワーとなる。

それを
この時間の中で
体現していただけたらと思います。
   

お申込みはこちらからどうぞ

【 Solo time Communication 】

日時:Coming Soon

価格プレミアム版  50,000円(税込)
  :スタンダード版 44,000円(税込)
【↑売り切れです】
  :カード持参の方 40,000円(税込)
  
*ライフツリーガイドの方は再受講でどうぞ
  :再受講の方は銀行振込のみです 10,000円 (税込)
  


★お支払いは、銀行振込・PayPal(クレジットカード)どちらも選べます。