あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

光。

何気ない会話の中で
長男君がある人の事を言ってました。

「何かね  
 言葉をスラっと言えなくて
 (話をしてる時に言葉をかんでしまいがちなタイプらしい)
 よく聞き取れなくて
 何て言ってるのか分からないから 
 もう一度言ってって話したんだ」と。
すると相手は
「それ
 すごく気にしてる事やから
 あんまり言わんといて・・・」
と話したらしい。

お母さん、どう思う?やて。

上手く話せる事が全てではない。
ニュースキャスターみたいな
それを生業としてる人ならともかく
気持ちが伝われば
十分じゃあないかと私は思う。

そして
長男君に言った。
「お母さんから見て
 彼はとても素敵な人だと思う。
 その魅力があるからこそ
 話し方や伝わり易さはどうであれ
 きちんと心に響くものがあるから
 いいんじゃあない?」と。

これで理解するかな~と思っていたら
長男君は
「そうだよね~。 
 ホンッとそうだ!」
と納得した様だった。

成長してくれた事にホッとした瞬間だったし
思う事が違った形で現れたとしても
それを受けて
許容する術をも身に付けていってるのかな?と
感じて
少し安心しました・・・

すごーく、抽象的なんだけど
私はそんな
想いが届いたかもと
感じる瞬間に
ふと
光を感じる様な気がする。

そう感覚的に感じて過ごしてきたのね。

パァっとひらめくって
こんな感じ?って・・・

子ども達が同じ様に感じるとは思ってないけど
私が光を感じた時は
何らかの想いを
感じてくれてるのかもと
感覚で生きてきた私は思うのであります。

単純なだけかもしれないけど・・・

この光。
今でも私の心を照らしてくれてます。

子ども達も
自分にとっての『光』を
見つけて欲しいなって
感じた日でありました。

ちゃんちゃん。(古っっっっっ!)

—–




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください