愛情が教えてくれた自然の法則。

子ども達との関係がとてもいいよね!
子どもはりんごろがお母さんで嬉しいと思うよ!
そんな神のような言葉をかけてくれる人がいます笑い泣き
そうだよねー!と思ってるけどデレデレ
{6C0983E9-1C7E-459A-B039-E4973D87DFB5:01}

 

{9A1F0E50-E571-4846-9D66-9352EFC60362:01}

でも!ちゃうねん

子どもは『お母さん』が好きさ。
怒ろうとも、理由なく ね♡
わたしも散々怒ってきた、、、滝汗ムキー滝汗
『お母さん』を今も嫌いだ!やだ!と思ってるとするなら
自分の愛してほしいように 愛してもらえなかったから、だと思う。
愛してほしい、は『好き』だよ。
それだけのこと♡
恋愛相談でも多い。
もうイヤ、とか、嫌い!とか。
それも自分の愛してほしいように  愛してもらえなかったから、だと思う。
わたしは
必死で子ども達を育てていた時期があって
今でもその名残りが出ることがある。
それもね、(自分の)お母さんのように育てなきゃ!と思い込んでた、無意識に。
そこしか知らないからねぇ、、、
子どもの頃、こうしてもらえなかったから
子どもにはしてあげる、
そんな風に言う人もいるよね?
その基準も、やはり親。
そのことに気づいてから
こう育てなきゃ!の縛りのエネルギーよりは
現世では親子としての縁で結ばれた子ども達と
どんな風に繋がり、深めたいんだろう?と
思うようになった。
それでもまだ
子どもを縛ろうとするエネルギーが生まれることがある。
わたしは特に次男坊に多いのよ。
それはきっと、子どもの頃の報われなかった想いをもつ自分と重なるからだと思う。
怒りたくなると同時に
最近わたしに生まれてきていた感情は
『この子は自分の全てをもって、わたしに教えてくれてる愛情深い子なんだ』と。
そう感じるようになったら 次男坊が愛おしくてね。。。
彼を怒るのではなく、より愛おしく思うようになったら、わたしの中に変化が起こった。
わたし自身も、お母さんの鏡だったんだろうなぁと。
『あなたは何も考えてなくて、自由で、遊び回って、好きなことをして、次女だからそれができるのよ』とよく言われたけど
それはお母さんがやりたかったことなんだよね、きっと。
お母さん、長女やし^ ^
{C189463E-4065-4D4E-8AC8-ED42E07CFA8B:01}

 

というワケで(どんなワケだ)
わたしの中でとまっていたこの言葉は
『あなたは何も考えてなくて、
自由で、遊び回って、好きなことをして
次女だからそれができるのよ』
 
こんな風に変化した↓
何も考えず(考えずに感じて)
自由で、遊び回って、好きなことをして
わたしだからそれができる!と。
今年に入って、様々な出来事や機会を与えられてきた。
立場というか、立ち位置が変化し
今までのようにはいかなくなった。
最初は戸惑ったけど これが自然の法則。
「わたしはそれをやれるのかな?」
ではなく
『わたしがやることで、最高にうまくできるとするなら、どんな風にやりたい?』
と聞くようになった。
この問いで、ニンマリが溢れるなら
好きで、やりたくて、求められたこと。
自然の法則です。
子育てもわたしのために与えられたことで、
育ててもらってたんだということ。
しかも3人もいなきゃ、わたしは気づかなかったと言うことだに。
自立しろよーって話だにポーン
彼等を解放してあげて
地球にきた、自分達の使命のために生きてもらおうと思ってまする。
{0E9324EC-09CD-493E-9BD5-E8AEFCB0B98D:01}

自然の法則だにゃデレデレ

—–




♦INFORMATION♦︎












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください