堂々と真摯に生きることを出していく

自分の後ろ姿って知らないよね!

image

↑この写真を見て、わたしは猫背だなぁ・・・と改めて気づく。
でも、日々わたしは猫背を意識してはいない。
習慣は 自分のどこかに表れているよなぁと思うのです。それが真実???

問塾のご感想をいただいて
『真実』について腑に落ちなかった、とあります。

真実って なんだろう?と 改めて思いました。。。

わたしの場合はね、『自分でも気づいてなかったヽ(*’0’*)ツ』
そんなことを繰り返して、真実が見えることもある。
うまくいってることからだけじゃなく、げぇぇぇ!って思うことから真実を見つけることもあったり。
だから自分に 何度も何度も問いかける。

本当に?と。

『真実』って、そうやって無自覚なものも多いんじゃないかと、、、

今の事実はこれ!だったとしても 事実は時とともに進化も変化もしていく。
どんな時でも 揺らがないこと。
それが事実の先にある『真実』なんだなぁとある時 腑に落ちたり。

でも、普段はそんなことを考えて過ごしてはおらず
目の前のやるべきと思っていること、そこを見て、感じていることが多いよねぇ
(べき!は 正解を探してるんだよねぇぇぇ)

だから自分と対話する。
ここ3ヶ月ほど、そんな自問自答がいつもより頻繁に繰り返されてました@りんごろ。

そんなわたしだから
わたしの周りにいる人、来る人も同じエネルギーを持っていたり
影響を少なからず受けた人もいたと思います。

ある方はこんな風に言ってました。

わたしは自分に自信がなくて、批判されたらみんな反対してるのかなと思って、
いちいちグラグラしたけど、大部分の人は反対していないし、
批判している当人も、本当にきらいなわけじゃないんだなーって。

ある方はこんな風に。。。

今回のこと、わたしにあたってよかったと思ったのです。
こういうことがあるって伝えられるわたしの所でよかったねと。
おこがましいですが(笑)
自然と降ってきて受け入れて、でも、それをわかってくれるりんごろさんのような人がいることがわたしの救いです。(^_^)

ある方はこんな風に。。。

パートナーシップ面での
最近の出来事としては、
彼氏が変わりました。
「とても相性が良い」と
言ってもらえて、
ホッとしていますが、
昨年から3人目の彼です…
変わりすぎですが、
ご縁に感謝です(*_*)

ある方はこんな風に。。。

りんごろさんと話して、緊張がほどけました。
自分のことを正直に話すことができたことで、
大切な人との距離感も縮まりました。

ある方はこんな風に。。。

恋愛から遠のきすぎて忘れてしまいました^^;

自分の気持ちを大切に。。。
ですね。ですね。。。

いつも置き去りだから。
自分らしく過ごせる人がいいです♡

わたしとの会話なんだけど、自分と対話をしたことを話しているんだよね。
そしてこれらの会話は、わたしとのエネルギーが引き合って出た言葉だと思うから
わたしにもいろんなキッカケを与えてる。

相手のことのようで、わたしを映し出していたりね。

わたしの活動は、表向きは講師やカウンセラーだけども
自分と対話をして、自分らしく 生きやすく過ごしてもらえるキッカケに活用してもらえたら嬉しいし、
わたし自身が気づきをたくさんいただいてます

真実って
正解として、もしくは必ず存在すると思って探すと
まったく うまくいかないーーー
(/_;)/~~
今朝、ミヒさん(マツダミヒロさん、質問の師匠ね)との会話からも気づきました。

真実は事実の先にあって、
でも
取り組みながら気づいたり、ただ目の前のことに真摯でいることの先にある未来だったり、
新たに創られるセカイだったり、
未知でもあって、
そこに取り組んだ人の跡となっていくのかなーと。

心友ちゃんは言ってました。
堂々と、真摯に生きることを出していくってこういうことなんだって、体感したよ、と。

どうなるか分からなくても、どんな風に思われても、どんな雰囲気になっても、
『わたしはこう思う』これは わたしの事実。
それを現実のセカイに組み込み続けること。
自分との対話も相手の話もジャッジしないこと。
堂々と、真摯に生きることを出すことは『その人らしさ』だなーと感じました。

そこから『真実』は見えてくるような・・・

 

わたしの猫背は 最初は「照れ」から。
それがだんだんと「自信のなさ」と結びついたように思います。

さー、肉体改造だー




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で語る》
【9/22大阪・10/14東京】TALK SESSION・自己愛ワークショップです。



《カラダから宇宙に繋がる話》
感じきる!をこの人生で体験させちゃうTALK LIVEです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください