カウンセラー・コーチ・講師のための『しつもん』★ No.11

『しつもん』について もっと教えてほしい!!!
そんな声をいただきます。

ひとりで机に向かって『1年後はどうなっていたいかな?』と考えても
なかなか答えが出てこないけれど
『しつもん』されることで
自然に考えたり、気づきを得たり、新しい発見もします。

わたしがカウンセリングや講座、お話を聞く上で大切にしているのは
その人の想いで一歩を踏み出すこと。
(その人の選択を奪わないこと)

自分のハートからわく想いを言葉にすることは
尽きることのない魔法を自分にかけていくことだと思っています。

image


『どんな「しつもん」をしていれば、
答えにたどり着けましたか?』

 

『しつもん』には種類があります。

 

1つは スピードクエスチョン。
もう1つは アイデアクエスチョンです。


スピードクエスチョン
とは?
Yes か No で答えられる『しつもん』のことです

生活の中では、ついスピードクエスチョンを使ってしまいがち!
「月曜日までにできますか?」
「やる気はありますか?」
「これは果物ですか?」

早く答えを求めたい時に使える『しつもん』です。

 

スピードクエスチョンでは、1つの情報しか確認できません。

スピードクエスチョンのメリット・デメリット

・メリットは、早く答えてもらうことができること
・デメリットは、あまり考えなくても答えられてしまうこと

 

♦︎どんな場面でスピードクエスチョンを活用できる?♦︎



■決断したいとき・相手に確認したいとき・緊急のとき

最初のコミュニケーションの足がかりにすることもできます

・「こういった講座に興味があるのですか?」から
「どんなきっかけで?」というように
相手がYesと答えてくれるしつもんから始めると
スムーズにコミュニケーションをとることができます。

・初対面でいきなり「あなたの夢はなんですか?」というしつもんは敷居が高いです。

 

スピードクエスチョンをするときの注意点!

『しつもん』する方は2択だと思っていても、
された方はYesとしか言えないこともあります。

・とても忙しいのに、さらに追加の仕事を上司が持ってきて、
「これ月曜日までにできる?」と聞かれても
「はい」としか言えないのかもしれません。

結局できず、「なんでできないの?」と言われ、
言い訳をしてしまうという悪循環が起きてしまいます。

スピードクエスチョンを使うときは
Noという選択肢も言える環境を整えることが大切です。



♦︎『しつもん』は無意識を意識化するもの。♦︎

漠然としたものを、自分の中で深く意識できます。

子ども達3人三者三様です!

そんな子ども達に『しつもん』をするとき
わたしの中でルールを決めています。

どんな答えも『個性』だと。

そう決めているだけで、わたしに余裕ができますし、
『個性だなぁ』と面白く感じることもできます。

答えが『No』であろうと
それが今のこの子に必要なプロセスだと受けとめることができます♡






♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》


《自分を生かしていきる》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加