あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

人生ってなんだろう?が始まった9年前。

わたしが子育てに追われていた9年前、
母は脳梗塞で63歳で亡くなりました。

それまでのわたしは
結婚して、子どもを3人生んで、マイホームを建て
ママ友とランチし、キャンプにも旅行にも行き、主人を支える妻として
それなりに幸せを謳歌していると思っていて

将来、孫達に囲まれながら 粋なお婆ちゃんになっていたらいいなぁ
なんて考えていました。
 
それがわたしの夢、だとも。

わたしの生まれきた意味って?
自分を生きるとは?
運を自分で変えることはできる?

なんて自分に問いかけることなど、
母業には不向きだ、くらいに思っていました。

40211511 - heart


母はよく
「子ども達(わたしと姉)がお嫁にいったら好きなことをしよう」
と言ってましたが

実際にはわたしたちが結婚しても
そんなに暮らしが変わることはなく、毎日忙しく働いてました。


「年金生活になったらゆっくりしよう」
とも言ってましたが
年金をもらうこともなく。

介護をしていた弟を
「看取ったら安心できる」
とも言っていたけれど
先に逝ったのは
人工透析を20年ほど続けていた叔父ではなく、母でした。

mar89_ajisai20140601500-1024x683


母は晩年、家を建て直し、お墓も建て、
自由な時間も生活に困らないお金も持ち、

仕事でも頼られ、
ご近所さんとも仲良く過ごしていました。

が、

母が倒れてから帰った実家には
誰よりも健康を気にしていたとは思えない量の
空のペットボトルがたくさんあり、驚きました。

几帳面できれい好き、しっかり者の母らしくないな・・・
そう思ったのと

本当はすごく寂しかったんじゃないか・・・
と感じたからです。


電話で話してたときは、気丈で明るい母でしたが
その顔とは違う「ひとりの女性」の日記を
わたしは亡くなってから初めて読むことになりました。


幸せって何だろう?

母の死をキッカケに
わたしは自分の人生が、母の人生と重なるように思えてきてて

このままじゃイヤ・・・なんか違う・・・

頭じゃなく、心が叫ぶようにもなりました。

具体的には何なのか?わからなかったけれど。


母は長い間働いていたけれど
あの世にお金はもっていけなかった。


そのお金を使って
楽しんだ様子はそんなに感じられず。


人のために動き、
喜んだり、嬉しそうだったりしていた記憶はあるけども、

心から楽しそうな顔を見たとは
もう自信をもって言えない・・・とも思いました。

健康にも気を配っていたけれど、
長生きにはさほど関係なく死は訪れ・・・


常識で良しとされている
幸せや素晴らしい人生の条件たちが
もうわたしには意味を持たなくなり、

母から
「雅美は本当は何を大切にしたいの?」
「雅美はどんな風に生きたいの?」

問いを置かれたように感じました。


亡くなった母の顔は
口角があがるほど微笑んだ顔でした。

意識がなくなって病院にいた時の顔とは別人。

その微笑んだ顔を見たとき、
長生きではありませんでしたが
やりたかったことは「やりきった」
のだと思いました。


そしてわたしはこの時から

わたしの生まれきた意味って?
自分を生きるとは?
運を自分で変えることはできる?


そんなことを
自分で探す時間が始まりました。


いや、探すと決めたから
これまでの道とは違う方向に歩いていくことになったのだと思います。


母はよく
「人は生きたように、死んでいく。
お葬式で、どんな生き方をしたのか、来てくださる方が見せてくれる」

と言ってました。


母のお葬式では
知らなかった母の姿をたくさん見たような気がします。

わたしは「母」としてしか
感じて、見てこなかったことを、少し後悔しました。


もっと料理のことを聞きたかったな、
もっと同じ女性として話したかったな、
もっと甘えてもよかったな、
もっと仕事の話もしてみたかったな、

もっともっと感謝を伝えたかった!


それ以来わたしは
「別れ」はいつ来るのか分からない と思うようになり、

感謝を感じることで

人は愛しい時間たちと
本当の意味で「別れ」ることができる=区切りをつけられる。

区切りとは、人世の一幕。

わたしは突然に次の幕が始まったのだと、
それが自分を生きることなんだと、なんとなく感じるようになりました。

「死」があることの意味、
それは
いつまでも同じではいられない。

変容し続けることこそ「生」だと
最後に母から教わりました。




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください