あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

凍った心を溶かす「たったひとつ」の大切なこと

母を突然亡くした9年前、お葬式や実家の片付けのため、
福岡で約1ヶ月を姉と子ども達と過ごしました。

戻ってきてからの大阪での生活。
無意識に「早く日常に戻そう」とわたしは焦っていたように思う。

悲しんだり、
後悔していたり、
寂しくてポカンと空いてしまった心に寄りそわず、

日常に戻し、
気丈にふるまっていた。

考えたら
母が倒れて福岡に行ったときから、、、

いや、

小さな頃からわたしはショックが深すぎると、
わんわん泣いたりできず、
涙はとまり、こころが瞬間凍結してしまうタイプだった。

だから自分の歩みで
少しずつ、少しずつ

心に寄り添い、感情を味わい、対話しながら
通常のエネルギーに戻るまで、ひたすら自分の気持ちに添ってきた。


周りから
「弱音を吐かない」「自分のことは話さない」と
言われてきたけれど

自分の気持ちって、
寄り添ってみないと何と言っているのかわからない。

言葉にならなかっただけなのよね。。。


通常の生活が始まっても
まだ、言葉にできていなかったある日、

わたしは体中が痒くなり、
みるみるうちに全身を湿疹で覆われてしまった。

花粉症? アトピー?? なんかあたった???

そう考えて、
病院に行ってみたが少しも回復せず。

湿疹はどんどん悪化していき、汁が滲み出しはじめた。。。
同時に咳もひどくなっていく。。。

夜は痒みと咳で眠れなくなり、
咳はひどくなる一方で、吐く日も続いた。

さらに病院に行って、検査を受けたけれど
異常は見当たらない。


そのとき直感が
メンタルだな、、、、と言った。

そして、
体が限界に近づいていると感じたわたしは

いつも子どもたちを診てもらっている
近所の町医者さんの病院に駆けこんだ。

福岡から戻ってきて、約3ヶ月後。


先生は 最初にわたしの目をみて言った。


「咳も痒みも、ずっと辛かったでしょう。」

その瞬間、わたしの目から涙が溢れた。

母の死を、自分だけで寄り添うことは辛すぎて、
わたしは誰かに心から寄り添ってもらいたかったんだと気づいた。

先生の寄り添いと言葉は
わたしの凍った心を溶かしていった。


親の死は、誰にでも起こりうることだろうと、
自分を奮い立たせすぎてしまったんだよねぇ

先生に寄り添ってもらった日から
嘘のように咳は鎮まり、湿疹は回復していった。

このとき、
寄り添ってくれる人がいることの重要さを身に沁みて感じました。

カウンセラーに頼らなくても
身近な人とで癒しあい、生きることができる。


そう思った瞬間でもありました。

いちばん身近なパートナーと寄り添い合い、癒しあえたら
どんなに心が安堵するだろう。。。

どれだけの勇気を与えられるだろう。。。


そう思ったわたしは
自分に起こったすべてを、もう一度見直し、

家族、パートナーとの関係性を癒しとして築くことを伝えたくて
自分に寄り添いながら、再度 心理学を学ぶことにした。




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




4 COMMENTS

トンタン

私も自分がそれ程深く傷ついている事が解らず耐える事が当たり前になっていた時酷い痒みの伴う全身じんましんに襲われめまいと動悸がおき更年期かなと色んな薬を試すも治らず今は心療内科通院しています。身体は正直で今でも時折症状が出ます。

返信する
中島 雅美

カラダは正直ですよね。
無意識だった自分に、気づきを与えてくれるとわたしは思います。
痒みって我慢することが辛いですよね。。。
それは逆に『我慢すること』について自分にメッセージを与えてくれていると思うのです。
わたしは我慢とはずいぶん仲良くやってきましたが、今は仲良くしなくていいと思っています。

返信する
吉田

Facebookから回り回って読ませていただきました。
私も6月に母を亡くし、大阪に戻ってからりんごろさんほどではありませんが、体調がずっとよくなくてメンタルクリニックにお世話になりました。(今も薬は飲んでいますが)
周りにもあまり話してないし、なんだか全部共感しました。主人も何も言わないし頼ることもできず。
そして、心理学を勉強しようとしだしているとこまで一緒でした・笑
思わずコメントしてしまいました。
失礼しました。

返信する
中島 雅美

わたしが経験上言えることがあるとするなら
周りのどの人のことより、自分の気持ちに寄りそうことを大切にしてみることをオススメします。
どんなときも自分の気持ちから逃げないで、つき合ってあげることをやってみて
初めて人に『寄りそう』ことができるのだと学んだからです。
これはカウンセリングという仕事でも、大きな軸となりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください