母を突然亡くした9年前、お葬式や実家の片付けのため、
福岡で約1ヶ月を姉と子ども達と過ごしました。

戻ってきてからの大阪での生活。
無意識に「早く日常に戻そう」とわたしは焦っていたように思う。

悲しんだり、
後悔したり、
寂しくてポカンと空いてしまった心に寄りそわず、

日常に戻し、
気丈にふるまっていた。

考えたら
母が倒れて福岡に行ったときから、、、

いや、

小さな頃からわたしはショックが深すぎると、
わんわん泣いたりできず、
涙はとまり、こころが瞬間凍結してしまうタイプだった。

だからその後は自分の歩みで
少しずつ、少しずつ

心に寄り添い、自分の感情を黙々と味わい、自分と対話しながら
いつものわたしに戻るまで、ひたすら自分と向き合ってきた。


周りから
「弱音を吐かない」「自分のことは話さない」と
言われてきたけれど

自分の気持ちって、
本当に自分に繋がっていないと何と言っているのかわからない。

その時間をわたしは大切にしてきただけで、
自分が本当はどんな気持ちなのかを知るプロセスの中で
自分の気持ちも昇華していく術を覚えていったのだと思う。


母を亡くして通常の生活が始まっても
まだ、言葉にできていなかったある日、

わたしは体中が痒くなりはじめ
みるみるうちに全身が湿疹で覆われた。

花粉症? アトピー?? なんかあたった???

そう考えて、
病院に行ってみたけれど少しも回復せず。

湿疹はどんどん悪化していき、なんか汁も滲み出しはじめ・・・
同時に咳もひどくなっていく・・・

痒みと咳で眠れなくなり、
咳が止まらない夜に吐くことも続いた。

さらに病院に行って、検査を受けたけれど
異常は見当たらない。


そのときメンタルだな、、、、と思った。

そして、
体が限界に近づいていると感じたわたしは

いつも子どもたちを診てもらっている
近所の町医者さんの病院に駆けこんだ。

福岡から戻ってきて、約3ヶ月後。

  
先生は 最初にわたしの目をみて言った。


「咳も痒みも、ずっと辛かったでしょう。」
  

その瞬間、わたしの目から涙が溢れた。
  

母の死を、自分だけで受けとめることは辛すぎて、
わたしは誰かに心から寄り添ってもらいたかったと気づいた。
  
  

先生の寄り添いと言葉は
わたしの凍った心を溶かしていった。
 
 

  
親の死は、誰にでも起こりうることだと、
自分を奮い立たせすぎてしまった。

母の死はきっかけであって、
頼っても、寄り添っても、心のつながらないパートナーシップが
しんどくてたまらなくて、そこから離れたかった。

  
先生に寄り添ってもらった日から
嘘のように咳は鎮まり、湿疹は回復していった。
  

このとき、
側にいる人とどんな風に過ごしたいのか、
パートナーシップがどれだけ重要なのか、を身に沁みて感じた。
  
  

カウンセラーに頼らなくても
身近な人とで癒しあい、生きることができる。

 
そう思った瞬間でもありました。
 
 

いちばん身近なパートナーと寄り添い合い、癒しあえたら
どんなに心が安堵するだろう。。。

どれだけの勇気を与えられるだろう。。。

  
そう思ったわたしは
自分に起こったすべてを、もう一度見直し、

家族、パートナーとの関係性を癒しとして築くことからやり直し始めた。
自分につながり、自分に寄り添いながら。

 

まずは自分から満たしていく。
自分の幸せを考えられない人が、他の誰かを支えられるなんて思い上がりなんだって知ったから。

生きる世界の温度をあげよう!
自分の中の深い自分の声をきいて。

 

ご案内中の講座・イベント情報

大阪開催 2月22日(土)9時半〜18時
LIFE TREE GUIDE養成講座


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加