望んで 始めてそこへの扉が開く

こちらの記事、とても反響がありました!
嬉しい限りです(*^^*) ありがとうございます。

[card2 id=”56064″]

毎朝、空を見上げながら深い呼吸をするのですが、
今朝の空は一段と強いエネルギーを感じました。

何かが動きそうな予感❥

こういうとき、わたしは
本音で望むことを、制限なく思う存分 好きに望みます。

毎日それらをノートにも書き記しているのですが
おぼろげに思っているより明確にすること、
大切ですね!

望んで 始めてそこへの扉が開く

から、
望まないと始まらないんです。

だからわたしは
出逢いを求めたり、学びを深めたり、コンサルを受けたりするときは
自分の望みを一歩先から伝えている方を探します。

直感で選んでいたりもする(*^^*)

そんな方からの言葉や質問は「!?」となるので
(良い意味で想定外)
わたしの知覚を広げてくれます。

誰かが良いと言っている、人気がある等は
わたしにはさほど重要ではありません。

そして
望むことで扉が開き、道ができ始めます。

その道で起こる共時性(偶然の一致)は
自分にとって価値あるものやヒントになるので

それらを大いに期待し、
受けとる準備を始めましょう。

ここでの期待は、誰かに求める期待ではなく
自分への期待です。

受けとる準備とは、
価値あるものを、もう受けとった状態で過ごすことです。

人は「与える」ことが好きで、そこに喜びを感じやすいですが
「受けとる」こともセット。

受けとることが
望みへの道において、
様々な状況、展開を引き寄せていくフラグになっているのです。

逆に受けとらなければ
次のフラグは見つけられません。

スタンプラリーのように
フラグを見つけること(受けとること)を楽しみましょう。

自分は何を受けとったのか?を感じれば
その喜びや感謝が自分の背中を押す勇気となり、

さらに道を進め、
次の人にも廻していくことになるでしょう。

受けた人にお返しをする=ペイバックの考え方ではなく、 
他の誰かに違うカタチで先贈りする=ペイフォワードが始まります。

与えてばかりになると
返してほしいと求め、奪う循環が始まります。

子ども達が小さな頃、
ワンオペ育児はやはり大変で、
泣きたい気持ちになったことは何度もありました。

その度に助けてくれたのは
いつも近所のママ友でした。

何かを返していかなきゃ・・・
と思っていたことも見抜かれていて

「わたしに返さなくていいからね!
楽になってきたら
雅美ちゃんの目の前にいるママたちに手を差し出してあげてね。

わたしもそのようにしてもらい、
やっと、こうして返すことができて嬉しいから」

と言われました。

子ども達をともに育てる友達が欲しい!と
心から望んだから扉が開いたのだと思います。

さぁ、あなたも
本音で望むことを、制限なく思う存分 好きに望みましょう。

恋愛相談では、
「えー、難しい、、、」とよく言われるのですが
恋愛においても同じです!

制限なく思う存分 好きに望む!です。

8月8日(土)・9日(日)
10時〜17時

7月25日(土)・26日(日)
13時〜17時

*ZOOMにて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!