自分らしさとは、体験してはじめて感じること

去年の秋
講師になって叶えたかった夢「山形の名月荘で講座をする」が叶って
まだやることはある!と思ったけれど
わたしの中では大きな区切りになり・・・

次の【自分旅】が ここから始まる。
 

   
いつだって、
自分が何を実現したいのか? を探すことが今生の旅だと思うし、
自分がやれることに真摯に取り組むことが「自分を生きる」ことだろう。

わたしは【承認欲求】というものが ほとんどない幼少期でした。
誰にどう思われるか?ということにも興味がなくて、毎日遊ぶことしか考えてませんw

褒められることは悪くないと思っていたけれど、
「自分がやりたいと思ったことを実現できているか?」が自分の中で常に優先!

自分を【自分】が 喜びで溢れさせていることが大切なんです。
    

  
そんなわたしも、ある時期はそのように思えませんでした。

幼少期を過ぎ、思春期に入ったわたしは、
周りから「おとなしく」「女らしく」「迷惑をかけず」と何度も注意されるようになっていました。

このままの自分じゃダメなんだ・・・
【自分でいると大切な人たちを悲しませてしまう】
と 自分のことを思うように。

それからは自分を封印し、スポーツにのめり込みます。
スポーツに夢中な間は
【自分でいると大切な人たちを悲しませてしまう】と考えなくてすむし、
誰にでも分かるルールの中で生きていればいいから。

でも、自分でいることを封印すればするほど、
「いちばんになりたい」
「誰かの特別になりたい」
という思いがどんどん強くなり、その時間を長く感じるようにもなりました。

そのうち、スポーツでも 勉強でも
「いちばん」になっても、
「誰かの特別」になっても
その思いがなくなることはないということに 気づくのです。

その時はじめて自分のことを「寂しい人」だと思いました。
ふいに自分を客観的に見ることができたんですよね。

そして「寂しい」のは

自分のいちばん大切な想いを
【自分】がいちばん大切にしてないから

だと分かったんです、急に。

わたしを封印したのは環境や人だと思っていたけれど
他の誰でもなく、環境でもなく、
【わたし】が封印すると決めて、【わたし】が実行したと思い知りました。

それは同時に、
わたし以外の人が、わたしの大切な想いを変えることはできない
と知ることでもありました。

わたしが
わたしのいちばん大切な想いから離れれば わたしは寂しくなる。

それだけのことでした。

それ以降は、自分が自分の大切な想いから離れないこと、
自分とつながり続けて、温もりが自分にあることを意識しています。
    

  
山形の後は沖縄へと向かいました。
しつもんカンファレンスにて4度目の登壇のためです。

毎回 一生懸命なんだけど、いつだって満足しないのが生LIVEです。
まだまだだ!と もっとこうすれば、、、が常に生まれます。

これまでに質問家もスピーカーもさせていただいたけれど
毎回、課題をいただくよい機会。

この経験は 自分を客観的に、確実に見れるから
「意図を持って行動する」次なる場所の切符をもらっているように感じます。
  

  
本当の学びとは、体験からやってくるとわたしは思っていて、
見ることや聞くこともいいとは思うけれど

見たり、聞いたりしたことを
実践するために【自分】が在って、

実際に 触れて、感じて、
自分の人生にすることが自分を生きること

見たり、聞いたりしたことを そのまま話すだけなら
【自分】だけども【他人】であり

体験して、自分を通して、腑に落とすこと、
それは【自分】という存在にしか

できないことなんだよね。  

だから「教わる」ということは これからの学びではないな、ということを
体験からも、次世代の子ども達を見ても感じています。

沖縄ではいつも
体験し、自分に起きたことを腑に落とす作業をしているなとつくづく思います。
    

  
そして、その後また移動します。

今度は初めての箱根。
九頭龍神社と箱根神社の両方に連れてってもらいました。

すごく気のいい場所!!!!!

九頭龍神社では「誓願符」に願い事、
九頭龍大神さんに起請文を書いて龍神水で溶かし流し納める、
という誓願をさせていただきました。

これがまた みんな真剣!!!
友の真剣な表情は、わたしまでピリリと良い緊張をもたらします。
 

 
秋のうちに一気にかけ巡ったわたしは
次の【自分旅】として

【自分らしい】ワークスタイルの確立、
【もっともっとHAPPYな】パートナーシップを
純粋に 心底 望むまま 記してお願いしました。
 

最近まで願ったことを忘れてたけどw
 

一年経って思います。
去年の秋からの時間は、
自分らしいワークスタイル確立のための土台を創る時間だったし、

心身ともに健やかであることは大前提で
パートナーがいることの安心安定感も 他では変えられないことになりました。
  

そしていろんな土地を巡り、土地のエネルギーを感じさせてもらい、
そこでしか感じ得ないことも体験し続けました。

これはオンラインでは成し得ないことですね、、、
見る、聞くことはできるのですが。
 

【自分らしい】ワークスタイル、
【もっともっとHAPPYな】パートナーシップ、
どちらも育んでいるから
新しい、わたしらしいライフスタイルが生まれたと思います。

すべて変えられるし、全部必要だった。

秋は実り。
歩んできたことを しっかり たっぷりと味わおうと思います。

 
これからの冬に
潔く!裸木になって 更に自分を磨くために。

12月初旬開催

10月31日(土)10時〜18時
沖縄にて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!