2人でしかできないことをして、もっと もっと HAPPYになろう

学生時代、
ずーーーーーっと変わらず得意だったのは「体育」!

自信を持って言えるw

特性としてわたしは、「個人」より「チーム」の方が向いている。
考えたらチームスポーツばかり選んで、楽しんできたものだ。

そして、
いちばん創りたかった「家族」というチームでも 目一杯生きてきた。
 

  

チームスポーツでいちばん厄介なのは、チーム割れ。
どんなに実力のある人が揃っていたとしても、チームとして互いに貢献し合うことを忘れたら、そのチームは強くはなれない。

これはスポーツだけじゃなく、誰かと生きていくことにもつながること。

比べたり、争ったり、信じることができなかったり、自分の好きなことばかりしたり、自分にとって都合の良いことばかりをしていたら、そのチームは先でもうまくいくことはない。

わたしは幼少から、家族のことも 身近にいる人のことも、遠くからの全体も、そのように見つめてきた。

なぜ人は、比べたり、競ったり、自分のことだけを考えたりする前に、ともに笑い合うことや助け合うこと、手をつなぐことを忘れてしまうのだろう?という疑問はいつもあった。

周りが病人ばかりで育ったわたしは、「側にある人と仲良くいたい」という気持ちがすごく強いのかもしれない。キレイゴトが言いたいんじゃなく、「その言動の先の目的は何だろう?」と常に考えてきた。

比べられたり、競われたり、あからさまに同じように真似られると、人は心地が悪くなって離れていく。それは結果的に「ひとり」になることを自ら起こしていることになるのだけど、本当にそれをその人は望んでいるのだろうか???

本当に、本当に、本当に、自分が望んでいること。
それが漠然としているということは、自分の奥にある深い自分と離れることとなり、ただ目の前に見えることだけに 頭がとらわれてしまう。

どんどん本来の自分とは離れ、
頭と感情だけで生きてしまう。。。ようになりやすい。

わたしはずっと それは本当にその人がしたいことなのだろうか・・・?と、自分の意識を「その人が本当に望んでいること」へと向かわせ、現実で起こっていることと照らし合わせてきた。

でも、わたしが感じることがすべてではなく、人には「必要で起こされること」というものがあるから、何があったとしても、何を感じたとしても、その影響を自分で受けとめながらも、ブレずに、責めもせずに、コントロールもせず、自分は自分で在りつづけることに注力してきたとも思う。
  

 

写真は、いちごカレー。
そのコラボあり?!って思わなかった???

でもね
わたしは それがいい。

あり得ない!って、離す考え方ではなく
ともに笑い合うことや助け合うこと、
手を【つなぐ】ことを まず先に考えたい。

前の結婚や恋愛では、どんなに心を寄せても、目の前のことにしか心を向けられず、自分たちの未来や希望をともに見出すこと、分かち合うことを選ばない場合があることを学んだ。

そうなるということ・・・それが宇宙の采配だとするなら、自分の道や望みが違うところにあるということを受け入れ、自分の今の人生で本当にしたいことを見出し、違う方向を向くことが必要だと決断した。

ともに笑い合うことや助け合うこと、手をつなぐことを大切にしてきたわたしにとって、離れるという考え方・離婚を選ぶことが どれだけ辛く、胸が張り裂ける想いだったか・・・

自分を奮い立たせて、信じて、ここまで歩いてきたなーと思う。

だから、今、パートナーと過ごせているのだから
2人でしかできないことをたくさんやろうとすごく思う。

もっと もっと HAPPYになろうって。

辛い想いをするために人生はあるんじゃなく、
そんな想いがやってくるときは

「本当はどうしたいの?」

と自分の本当の望みに立ち返り、
自分がいちばんの味方になって、望みを見出すときだとわたしは考える。

2人だって、チームだもの。
運命共同体。

そして
1人じゃなく、2人で・・・

いや、そんな風に考える人がどんどん増えて、
みんなでHAPPYを創り、さらにまわりに注ぎ続けたい。

ともに笑い合い、助け合い、手をつなぐ。
そんな輪を広げながら生きようと思う。

12月初旬開催

10月31日(土)10時〜18時
沖縄にて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!