「強み」は知るよりも、既に発動していることを自覚する。

文具好きで
気に入ったものは大切に、長く使うのが、また好き。

手帳はカバーつけちゃうし
毎年、ほぼ日手帳 使ってるし
これまた好きな ミナペルホネン で揃えちゃうし!
 

  
眺めてるだけでニマニマできちゃうから
持ちものは マジで好きなものに囲まれてないとダメ。

これ、もう小学生からで
筆箱とか下敷きとかペンとか定規とか、
手にも、気持ちにも しっくりこないとすぐに変えちゃう。

ついでに言うと
手帳やノートも自分なりの書き方があって、

色鉛筆使ってたり、絵を描いたり、その時によって様々なんだけど
ごちゃごちゃに見えても、自分なりにしっくりきてたらOK!

自分が解けない(読み返せない)のがダメで
学生のときは授業ノートを何回書き直したことか!

復習のためじゃなくて
見た目というか、デザインというか、自分なりにしっくりしないのが
もう、気持ち悪くて、心地よくなくてw

もはや、
授業とは関係ないところで必死になっておりやした❗️
  


何が言いたいかというと、わたしにとっての『しっくり』は
自分のすごく『好き』なこと、且つ 流れが『自然である』こと。

しっくりしないということは
自分にとって『この流れじゃない』というサインなんだよね。

そのサインを感じることは わたしにとって『当たり前』すぎて
意識もしてなくて
「え?みんなも同じことしてるんじゃないの?」ってくらい
誰にでも起こることだと思ってました。

復習のためじゃなく、しっくりくるまでノートを書き直していたことは、
わたしにとっての学びの道筋であり、
それさえやれば『学びがすぐに身につく』方法だったんです。

そのように
自分にとって当たり前すぎることが【強み】。

自分で意識していることや、努力してきたことは
後天的に身につけてきたので、強みというよりは『能力』。

『能力』も自分にとっては武器。
ONE PIECEでいう悪魔の実と同じ感じかなー
(一部の人しか分かんないじゃんw)
   

世の中に多くあるのは、
自分の『能力』を知ったり、タイプ分けをするツールのように思う。

【強み】を伝えてくれる人もいるけれど
自分の強みを自覚し、磨く人は・・・多くはいないように感じる。

【強み】は、努力しなくても身についている、
既にある意識もしない『当たり前』のもので
違う言い方をするなら、シナプスが流れすぎていること。

だから言われたとしても
「誰でもできるじゃん!」、「それ趣味じゃない?」程度だと思考したり、
受け入れないかスルーで終わることも多い。

【強み】を自覚するとは

  • 自分の【強み】はどんなとき、どんなことに使えているのか?
  • これから何を得たいのか、何を実行したいのか、に どう使えるか?

これまではどのように使っていたのかを検証し、
それはどこまで、どう使えるかを実践すれば、
なにより自分のパワーとなるし、自分の味方がいるような強さも持てる。

そして、自分(の強み)を知れば知るほどに
自分がどのようなことに役立てるのか、誰に何を与えることができるのか、
細かに知れるということなんだよね。

強みを自覚せずにいられなくない?

【強み】を自覚してる人は、なんかオーラがあるというか
覇気がある気さえする。 いや、あるはず!使ってる!!!
(って、またONE PIECEかよ! わかりにくくてごめんなさい)

まずは自分のことを自覚しよう。
等身大に事細かく、貪欲に。
  

  
わたしの本質的な強みは【理】だと言われている。

【理】とは、その人にとっての筋道というか、
潜在的にある これ以上シンプルにならない『原石』からの言動、道筋。
 

たとえば
ペット好きな人がいたりするでしょ?

その人のペットへの愛し方、育み方は
その人にとっての『当たり前』&『好き』が発動していて、

その上、相手がペットだから(人間じゃないから)
頭を(気を)使って接していないのよね。
相手のことを考えて、、、とかが発動しない。

だから
本来のその人の愛し方、育み方がめっちゃ出ていたりする。

のだけど!
実際のパートナーシップは「全然違うことをやっている」場合がある。

それがわたしにとっては
「ん?なんかしっくりこない?」という謎になり、
その人本来の「愛し方・育み方」が
ペットと人とでは何故違ってしまうのか?という探求になる。

ただ『しっくり』するかどうか、だけなんだよね。
【強み】だから意識なく発動する。

ペットと人とでは、なぜ違うようになったのか?という背景が
その人の人生には必ずあって
それが本来の姿を曲解し、無意識でも本人を苦しませているのなら
本来の姿に戻るサポートをする。

それが【強み】を使うわたしのライフワーク。

人は必ず足跡を残す。
その足跡が、魂の苦しい叫びのように聴こえたり、
その人自身が(無意識でも)わたしのところに来るのなら、

それは本来の姿を知ろうとしていることだったり
自分の中では自然じゃなくて、心地悪さを感じているということだから
わたしは本来のその人にアクセスして、そこに必要な問いを置く。

今、本来の自分に気づきたいか、避けたいかは、その人自身が選ぶこととして。

自分の中の『しっくり』を探究してきたのは
単にわたしの【強み】が発動している、ということなのである。

最新情報をチェックしよう!