オトナに知ってほしいカラダのはなし「TALKLIVE」のご案内

\ 感じる力 /
育んでいきませんか?

自分のカラダを知ることは
自分を大切にし、愛でること。

自分の心とカラダを知ることで
誰かの心もカラダも大切にできる。

あなたは自分のカラダのことを本当に知っていますか?

カラダの声を聞いていますか?
感じていますか?

そして、

「自分のカラダを愛でる方法」があるのです。
それを知りたくありませんか?

今まで、聞きたかったけれど
聞けなかったこと・・・

それらをわたしは
本を読んだり、
ネットで情報を探したりしていました。

人に聞くのはなんだか恥ずかしい・・・
でも、自分のカラダに若干の異変を感じる・・・

婦人科系の異変であるほど
多分これだろう、、、と
探した情報で自分を落ち着かせてもいました。

でも!
本当は知りたいのです!

自分のカラダを心から大切にしたいのです!!!

年齢を重ねていくほどに
健やかでありたいと望むようになりました。

わたしの家系は病気の人が多かったので
人生という限りある時間の中で
聞きたいことを聞くこと
教えてもらうことわかちあうことができないことに
寂しさを感じてきました。

聞きたいことを聞くこと
教えてもらうことわかちあうこと
生きることに勇気や可能性をもたせてくれ、
人生を味わい深くもしてくれます。

そして
健やかであることに喜びも感じます。

それらを思春期の子どもたちにも
伝えてあげたいとも思っていました。

 

そんな時に
ご縁で 出会いがありました。

その方は
カラダを様々な方向から見続けてきた
産婦人科医であり、ホリスティック医で、
わたしの聞きたかった「女性性」についても
惜しみなく伝えてくれます。

10年以上、様々な方の心とカラダを健やかに導き、
ご自身もカラダを愛でている綾先生です。
(写真真ん中)

綾先生に「カラダの疑問」について
少しだけ聞いたのですが
「自分のカラダを愛でる方法」への
たくさんの答えを、多角的に教えてくれます。

さらに、
妊娠で大切なこと、
男女間のパートナーシップにも必要なこと、
これからの更年期に知っておくといいこと、など
様々なことまで教えてくれます。

これは、
多くの方に伝えたいと思いました。

ということで、
聞きたいけど聞けなかったカラダの質問をし、

オトナに知ってほしい カラダのはなし

を綾先生に聞き、
自分の魅力も引き出してもいく時間=「TALKLIVE」を開催します。

安心安全な場でじっくりと学び、ときに語り合う
TALKLIVEの形式を取りたいと思います。

ますます輝く時間になること間違いなしです!

感じる力を育み、
「自分のカラダを愛でる方法」
身につけませんか?

 

内容は

・感情と内臓とオーガズムと自己肯定感
・自分のカラダに触れたくなるのは 内臓がどんなとき?
・膣トレの前にしておくととってもいいこと
・膣ケアと口ケア
・性欲は生きる本能
・婦人科疾患と乳房疾患
・更年期は光年期
・自分を生きると香り立つ香り
etc…

いろんな方向から
あなたの心に染み渡っていく時間になります。

(ここにある内容のすべてを話すことはできないので、次回に続けていきます)

オトナに知ってほしいカラダのはなし「TALKLIVE」

日時:9月6日(木)19時〜21時30分

場所:大阪市内
(参加の方に直接伝えます)

参加費:10,000円

そして!!!時間を30分延長しました。

喜びもってハートに響く
クリスタルボウルの音を聴き
カラダもゆるめていただけたら♡

台風で延びた開催にも
変わらずご参加くださる方々にはお礼も兼ねて。

TALKも演奏も
どうぞお楽しみください。

お申し込みはこちらから

PC・スマホはこちら

最後に


綾先生より

50代前後〜60代の方が
sex後 多量不正出血で救急搬送・入院となるケース

少量出血でも
人目を引く時間帯は避け
暫く時間を置いての受診
←不安に思ったその時に ぜひ受診して頂けますように

もしくは
子宮頸部のがん検診の時に
こっそり 2人きりになった時に
sex後の出血について相談してくださったり

開業してからの今は
遠隔診療もさせて頂いてるので
そちらに問い合わせくださったり…

50代前後 60代の方のsexを
何故まだ日本では恥ずかしい・申し訳なさそうに
させてしまうのか 産婦人科医となって
そんな現場を見せつけられることは
ただただ疑問でした。

もう6.7年前の事
明け方 1リットルを越える多量出血で
救急搬送されてきた女性が
例えば不倫相手の方と一緒だと
入院時の名前プレートを偽名にされる事もあるのですが

それに対して同性のスタッフが
ネタにして盛り上がるという なんとも言えない光景を何度か目の当たりに…

私としては 多量出血を止めにいく事が何より
先決だったというのもありますが

どこか女性同士の
性への見解の幅を垣間見た瞬間でした。

落ち着けば
ホルモンバランス
膣の乾燥老化萎縮程度
そして潤わせ方について 女性同士の自然な会話をさせて頂き

今でこそ 私も少しは学んで
簡単なケア方法を当時よりシェアさせて
もらいやすくなったと思いますが

まだ日本の文化がこんな風に
女性の心身を狭める風潮にあることに
勤務してすぐに 愕然としたのを覚えています。

少し 話はそれますが

強姦・DV後
または 避妊してくれなかったと震えて
モーニングピルを取りに来る方達

強姦の場合は
産婦人科は警察の立会いのもと診察をしますので
毎回 客観的に自分と全体を見ながら

この立場でor対個人で出来る事は何だろうって
きっと偶々なのでしょうが勤務初めから
そんな方に多く出会う中で
1つの対応方法に行き着きました。
←後日触れます

地域にもよるかと思いますが
その後のケアはもっと連携していく事が
必要な日本だからこそ 個人の立ち上がりは
まだまだ大きい

そもそも 女性同士で性について
会話が少ない事も
助産師さん達が こっそりお話してくださる
ご自身の性や尿もれのお悩み

夫婦生活の事をご相談下さる中で
改めて実感した事も どこか今の活動の後押しになった様に思います。

(夫婦ための微睡みケア 好評を頂いております)

結婚されてからの
スキンシップや

また不自然な不妊治療

ここにも
そういった背景があります。

今 当院で進めている子宝外来でも
初めに楽しみと快あり気の進め方をしているのは
これまで数々の女性から感じとってきた背景を 昇華し

妊娠や出産 または婦人科疾患や 月経を機に
カラダの喜びに繋がってもらいたい
(男性も)

という所からでした。

私自身まだまだ発展途上な部分があり
沢山の方が立ち上がっておられる所を
見習いながら

幸いにも こうやって来て下さる方と変化を
楽しめる場としてのクリニックやwsがあることは
疑問に溢れた当時の私に伝えてあげたい所です。

さて 長くなりましたが
女性のカラダ・感じる力・
感情と内臓とオーガズムの種類
などなど

産婦人科にいっても聞きにくいと
言われる事を

ラブの質問のスペシャリスト
りんごろさん めぐりんさんと
ディープなトークライブで話します!

ぜひ感じる力に触れてみてください。


クリスタルボウル奏者 めぐより

これってどうなんだろう?
疑問を抱いても

友達にも、、、
本当だったら、一番素直に思いを伝えたい
パートナーにすら相談できずにいること、、、

女性だったら?
いやっ男性にもあるんじゃないかなぁ〜

そんな、繊細で大切なカラダのお話
心をオープンに話せる場があったら幸せ♡

私は、そんな環境を作ることなく、53歳を迎えています。
身体にも
取り巻く環境にも
大きな変化を感じる今だからこそ、知りたいこと

そして、若いうちから知っていたら…
そんな思いがこみ上げています。

自分を愛でることは幸せの一歩
今を感じる事に身体の奥のこと加えたら
きっと自分への愛、深まると思うなぁ〜

これも
素晴らしいお二人と時間を共にしたからこそ感じられていること。

こんな経験、
多くの方にしていただけたらいいんじゃないかしら〜
と思う今日この頃です。


りんごろより

学生のとき、
妊娠した友達が
親にも言えないと話していたとき、

何の力にもなれないこと、
知識もないことを
残念に思いました。

そして自分の妊娠でも
知らないことだらけで驚きました。

三者三様だった妊娠、出産も。

雑誌を読んでも
本にもあてはまらないことがある。

わたしのカラダは
わたしがいちばんに知ってあげて
大切にしたい、、、

それから
その思いは強くなりました。

これからもカラダはどんどん変容していく。

でも、まんま受けとめてあげたいから
聞けないことも、聞きたかったことも
素直に綾ちゃんに頼っていこうと思います。

みなさんとも
カラダを愛でる時間を共に過ごせたら嬉しいです。

お申し込みはこちらから

PC・スマホはこちら

 




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で語る》
【9/22大阪・10/14東京】TALK SESSION・自己愛ワークショップです。



《カラダから宇宙に繋がる話》
感じきる!をこの人生で体験させちゃうTALK LIVEです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください