がんばるより ゆるんでいて。

お酒にさほど強くなかった亡き母が
たまーに、
ホッとした夜に、
好んで飲むビールが LAGER BEER で
そんな母の姿を見ることがとても嬉しかった。
   

  

コツコツ、コツコツと
目の前のこと、目の前の人をいつも大事に 大事にして

「お母さん、少しは休んだらいいのに」って
本当によく思ってたから。

 

内向的な質のわたしは
自分が何を想い、
何が大切で、
何を感じてどう在りたいか?に常に焦点があり、

だから
誰かの想いや大切なこと、
本当は何を感じているか?に焦点を当て
【客観的に】見て、感じ入り、

そこに情を持たないというのが
わたしの特徴ともいえる。
 

母は愛情深い人だった。
故に、愛も情もたくさん持って 人とつながるから
とにかく休む間がなかった。

愛なら子どもの成長を見守るように
自分と離して見ることができるのだけど
情は同調しちゃうから

大好きな人が常に休まず、
がんばる姿を間近で見るのは
幼いながら少し胸が痛くて

ホッとしていたり、
ゆるんでいたり、
ふと休んでたりする姿を見れたら 心から安心できた。
 

がんばるより
ゆるんでいて。
ずっと一緒にいたいから。
 

そんなことを思い出しながら
選んだ LAGERBEERの
その奥にいた彼は 心からゆるんだ笑顔をしていて
わたしもすごく嬉しかった。

12月初旬開催

10月31日(土)10時〜18時
沖縄にて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!