いちばんのパートナーシップとは自分との絆(自分との関係)。

その実践のひとつがloverとのパートナーシップ。
だからパートナーシップがうまくいかないなら
自分との絆を育むことから また 始めたらいい。

でもね
人って 自分には なぜか厳しいの。

尊い自分の声を聞いて 自分との絆を育むというよりは
心の奥の方で自分を責め、後悔したり、反省を繰り返したり。

こうしたら良かったんじゃないか・・・
もっとできることがあったかも・・・
わたしがいけなかったんだ・・・

って。

内省って自分を責めることじゃないんだよぉぉぉぉお
(それをやりたいかどうかもあるけれど)

『何がしたいか分からない』
『好きなことが分からない』
『自分のことを知らないかも』
そんな相談もたくさん聞いてきました。
 

わたしは子ども達を通して知ったことがあります。

たとえば次男坊はよく内省するタイプ。
気も使うし、気がまわるし、まわりもよく見てるし、言葉も適切だし
人が大好きだからこそ、まわりから優先するし、
一言でいうと、本当に優しい。

それも素晴らしいことだとは思うのだけど
わたしは彼を生んだ人だから

今という時は2度とないから
あなたも『今』を大切にして!と勝手に願うし、
そうしてくれたらものすごく嬉しいのよね。

親のエゴだろうから 押しつけて言わないけれど。

相手の幸せを願うとは
その人の本当の想いや望みを
その人自身が人生で体験することを
見守ったり、応援したりすることだと思う。

でも「彼の本当の声は何だろう?」
っていつも思うのよね。

知ってるのは本人だけだし。

 
で、だよ。
 

それを聞き出したりすることよりは
身近にいる人間のわたしが
自分がそうして生きることを
間近で見せることの方が影響があると思うのですよ、

言うのは簡単でねえ。。。

子どもって
ものすごく身近な大人を見ていたりする。

なので相手は鏡というか
そんなことを誰かに思うときほど、
『わたしこそやろうよ!!!』って話。

そのように気づかせて生きさせてくれる存在たちが
身近な人たちということは多く
感謝と愛おしさが湧き上がってくるのよねえ
 

何が言いたいかというと

自分に厳しいって
自分がそうして生きていることを
間近で見せて影響させてしまうってことです、

いちばん身近で大切な人たちに。


だから自分のいちばんの味方になって
自分をめちゃくちゃ愛してあげましょ❥
 

これがまわりもHAPPYにする近道だと
わたしは子育てやパートナーシップの中で体験し、
今も教えられていることです。
 
  

ライフツリーカードは
自分の中の深い声を聞くきっかけ、
自分のいちばんの味方になるメッセージがたんまりあるので
わたしは重宝しています!

マジでっ️。

 

 

12月初旬開催

10月31日(土)10時〜18時
沖縄にて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!