あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

親はなくとも子は育つ

長男、本命大学合格しました!
もー、
今日は思いっきり言わしてくださいっ!!!
親はなくとも子は育つ
とは
よく言ったもんで

意味

産んでくれた親がいなくても、
子供は、まわりのいずれかの人の、
あたたかな心づかいと、
自分自身の力で、
どうにか育っていくものだということ。

その通り、
去年 わたしはパパさんと離れて暮らすことを決めましたが
長男には 何の支障もありませんでした。
{4350E49B-2803-4D4D-98F0-B1A79A604FE0:01}

泣き虫君やったけど、明るさだけはずっと取り柄です!

親は
自分よりも経験の少ない子どもを心配する。
でも『心配』とは
子どもの悩み を
親の『悩み』にすり替えていること。
本当なら
我が子こそ
まずは信じることから、やとわたしは思う。
そう、、、
幼稚園児くらいの時は、
どのお母さんも『元気ならいい』そんなことを言ってた。
だけど
中学生あたりから
『中島さん、今の時代
   良い大学くらい親が協力して入れてあげないと、、、』
なんて言葉に変わり、
『まだ塾に入れなくていいの?』
『本当に子どものことを思ってる?』
とまぁ言われたものだ。
『元気ならいい』は何処へ?
私立専願で高校に行った時は
『親が受験の時に、一緒になって頑張らないとねぇ』
なんてことも言われたべ。
誰の受験?
一緒になって心配増大して、 
ただのプレッシャーじゃん!
わたしは、自分で進む道を決めた長男を信じているだけ!
自分のやりたいように進むことを
どうして信頼しないのか わかんないし、
それだけをわたしはしてきた。
そのためにわたしができることをした。
本当にしてほしいことがあるとするなら
『条件』や『環境』の前に
わたしは【信頼】やと思う。
そのベースさえあれば
スイッチ次第だよ!
スイッチも、遅咲きの場合もあるし
どこで入るかなんてわかりゃしない。
たまたま
大学受験で長男は入ったけど
それは本人が掴んだタイミング。
信じることを、自分が貫けなくなると
『心配』で寄り添おうとする。
それは
やる気を奪うどころか、
信頼さえも失うこととなる。
『心配』ばかりされて育つとね
【自分は頼りないダメな子なんや】と言われてるような気がするものだよ。
可能性は誰しもあるのに、希望もなくすじゃん。
やるなら信じる!
これは実は、自分の粘りでもあります。
自分を信じれないと
人を信じることは難しい。
わたしも今回、イヤと言うほど
自分を試されました。
そんな機会を与えてくれるのが、子ども。
ほんっと、
存在が愛でしかない。
{0EB8541B-17EC-4038-B355-DB14B710C972:01}
また夢を見せてくれて
ありがとーーー♡
かーちゃん、サイコ~だぜ!
大学に受かったこと、は  嬉しいけど
なにより泣けるのは
自分を信じて貫いたこと。
信念をもって、粘ったこと、だよん♡

—–




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください