LOVE CARD

子どもからの見えない大切なギフト♡

大学生になって、より楽しそうにしてる長男。
ますます男らしくなって
彼女ちゃんを大切にしてる姿なんて見ると
まーまー ええオトコやん!と思うし
わたしの育て方、
えがったんでないかい!

と 鼻息荒くなる(笑)
結局は自慢かい!みたいなー
長男にそう言ったら(言うんかい!)
いやいや、親の姿を見て
俺が自分で育ったんだわ!
と 言われてもーた(-_-)
ま、そうなんだけども。
優しくない子なんていない。
でも、いろんな人との関係性の中で、
実際に深く、優しさから関わり合うことは簡単ではない。
それを難なくやるところは、長男の強み。
人のことを悪く言うところを、わたしは聞いたことがないんだな。
それは先生方からも言われ続けたから本物だろう。
すごいな、って思う。見習いたい♡
{521D7390-338C-4C77-BA75-432568BFB7ED:01}
そんな長男。
先日、四国にサークルの合宿で行ってきたんだけど、、、
わたしへのお土産セレクトがこれだよ↑
多分、ゲームかなんかの時の景品だべ。
『お母さんへのお土産あるねん!』と
ニヤついて出して
わたしの頭にのっけて、提灯持たせて
爆笑するという、、、(¬_¬)
まぁ、遊ばれてますわ。
9月の後半からは なんやら文化祭の委員とかで
ほとんど家に帰ってこないらしい。
青春ですわ。
今だから思うけど、
青春を謳歌してる姿に
わたし自身が、なんか安心してるの。
長男は、忙しくて ほとんど家にいなかったパパさんの代わりに
ほんっと下の子たちの面倒を見てくれて
わたしをずっと助けてくれてた。
わたしはそれも『優しい性格』だと思ってたけども
長男なりに、わたしにできることは何か?と考え
結果、父親のポジションを担ってしまっていたのね、、、
子どもなのに。
いや、子どもだから 身近な母のために頑張ってきたんだと思う。
高校に入った頃、長男はイライラし始め、
下の子たちに とても強く怒るようにもなったの。
あまりに彼らしくない行動を感じて 
『無理させてたんだな。
パパさんの代わりをして、家族のバランスを取ろうとしてたんだなぁ』と
未熟な私たち親を助けてくれてたことを思い知りました。
だからねぇ、、、
わたしは「助けなきゃ」と思わせないくらいに
自分らしくあることが課題になった。
子どものため、と思って生きてきたことは
わたしにはムダではなかったけども、
自分を抑えてまで、頑張りすぎてまでやると
どこかに歪みが生まれもするんだなぁと
ほんと感じましたです。
『母』という幻想にとらわれすぎないこと。
これを身を以て教えてくれたこと、
今を楽しんでくれてること、
それがいちばんのギフトでした♡

—–




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください