力まれると重い〜どうして子ども達と友達のような関係を築けるの?〜

質問!どうしたら 子ども達と友達のような関係を築けるの?
質問!どうしたら 子どもが何でも話すようになるの?

そんな風によく聞かれます。

けど

そんなこと考えたこと、ないーーーーー。

仲がいい? 何でも話してる?とすら思うよりんご
長男なんて高校生なのに、何でも話してたら、気持ち悪いでしょーーー・笑

子どもと友達のような関係になりたい!!!なんて思ったこともないです。

聞きたいことがあれば聞くし、話したければ話し
抱きしめたければ抱きしめる。
眠いから寝る!みたいな。。。

聞きだそうとも、話しをさせようともしないし、
愛そう!!!、愛さなきゃ!!!と思って、愛していない。

↑明らかに不自然でしょ?

聞きたいことがあれば聞くし、話したければ話し
抱きしめたければ抱きしめる、
意識してきたワケではなく
ただ、その行動にエネルギーを注いでる。

伝わっているとするなら、そのエネルギーが伝わってるのかなー。
伝わって欲しいとも思わないし、伝えたいとも思っていない。
わたしにできることを、ただやってるだけいいな

これを恋人に置き換えてみたら分かりやすいかなー。
大事にしなきゃ!!!、愛さなきゃ!!!って力まれると重い。
大事にしたいからしているだけ、愛したいから愛しているだけだと自然。

こう思われたら困るから、とか
プレッシャーになるから、とか なんかあるのって、
既に自分の中に重い事情があるから、エネルギーや行動が不自然。
それが伝わっちゃうよねぇ

それじゃ、関係性って難しいよね。
不自然ってお互いがキツいもーーーん。重いもーん泣。

自然に、素直にポイント。

—–

7月11日(土)・12日(日)10時〜17時

5月30日(土)・31日(日)13時〜17時
*ZOOMにて

 

りんごろからのお知らせ
月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」40代後半に出逢ったふたりの いつもの日常

 
Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加
 
講座の先行案内はこちらから