あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

今、子ども達に想うこと。


長男君、高校3年生
次男坊、中学1年生
娘ちゃん、小学4年生

なんだかめまぐるしい時は
すっかり終わり
個性や主張、妙に親に似たところ、
環境、友達関係、
それぞれに様々です。

幼稚園では年中
小学校では、3.4年
言われてるような中だるみがあり
中学後半から反抗

順調に成長してますわ(笑)

photo:01


photo:02


photo:03


子ども達の通った幼稚園では
父、母、別で
それぞれの親向けに園長先生がよく話してくれてました。

初めに印象的だったのは
『男の子のいるお母さん、
本当に注意して欲しい。
男の子は、あなた達の彼じゃない。
ベタベタして、甘やかし
なんでも聞いてあげ
18になっても家から出ないのは日本くらい。
何も自分ひとりでは決断できないような
そんな子に育てるのは、母親が多いです。

女の子も同じ、です。。。が、
特に男の子のお母さんは注意してください。

好きな子が一番大事で
お母さんじゃないですから(笑)

大切にばかり育てるんじゃなく
どんな想いもさせてあげてください』

これは3人の、どの子の時も話してました。

実はわたし、、、
長男君が幼稚園に入園してすぐに
担任の先生に夢中だったことを
悲しくも思っていた
ベタベタな母だったんです^^;

今では嘘みたいですが。

なので
園長先生の話は響きました。

わたしは
わたしの感情や想いとは別に、
ひとりで歩いていける
ひとりの人を育てるんだ、、、と。
同時に
わたしも母として育つんだ、、、と。

それ以来、
わたしの感情や想いとは別に
この子にとってどうなんだろう?と
問う癖がつきました。

親の気持ちや心配と子育てをごっちゃにすると
子どもは親とあまり会話をしなくなります。

話したくても
聞いてもらうのではなく、
いつも親の気持ちや心配を押し付けられ、
親の価値観でジャッジされるのだから、ね。

お母さんはこう思うけど
あなたはどう?

うちのルールはこう決めてあるから
周りと違っても、聞いて。

そう、常に話してきたように思う。
時に、ぶつかり合いながら。

まー、それでなのかどうかは分からないけど
うちの子達
主張だけは一人前!!!

逆にわたしの話を聞かんがな(ーー;)
おい!(笑)

勝手に、歩いてくだされ~と思う
今日この頃。

自立という意味でね!

子どもなんだけど
なんだか
シェアハウスみたいに感じる最近。

ま、それもいいかな~と。

—–




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください