LOVE CARD

りんごろ★子育て日誌〜妊娠編〜

りんごろ、子ども達を『可愛い』『愛しい』と思うコトはよく記事にしていて
それは本当にそう感じているんだけども
3人いて

それだけじゃない時間もめちゃくちゃあって
そんなコトも記事にしていこうかと思います。
母だからこそ、命を授かり継いでいく事実をさらけだしていこうと思っています。
りんごろ★リアルなココロで生きる道
りんごろ★リアルなココロで生きる道
りんごろ★リアルなココロで生きる道

りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg
りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg
りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg

りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg
りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg
りんごろ★リアルなココロで生きる道-ipodfile.jpg

妊婦生活。
それはオンナだから体感できるコトであって
こんなコトを言ったら非難あるかもしれないけども
宿して、カラダの変化を実感して、自分との一体感を感じるからこそ
知るセカイがそこにある。
自分と全く違うDNAがカラダに入り、反応を感じながら変化する10ヶ月間。
妊娠は誰にでもあるコト、みんなやってきたコトでは済ませられないくらい
カラダを張るオンナにとっては、長い、長いトキなんだよね。

アタシはさーーー
食べつわり型で(食べないと気分がわるくなるタイプ)3人の妊娠中は
かなり太ったのね。
長男君のトキは18kg増・笑(笑うしかないとも言ふ)
体重を測る度に先生に怒られてもいたんだけど
『この子が欲しがってるんです!』とココロではキッパリと思っていました・笑
アタシのカラダはアタシしか分からないじゃん!とか勝手に思ってもいました。
(これって、一番やな妊婦だったかも)
実際に産んでからは、母乳と不眠でどんどん痩せていくんだけども。

妊娠して半年間は仕事を続けていて
それ以降、まぁ専業主婦になったんですが
何もなくなる。
社会とは無縁。
そんな立場になったコトもなかった自身にとまどいを感じもしました。
が、カラダの変化や反応に、ついていくコトが今は大事なんだとも思って過ごしました。

知らないからこそ恐れすら感じない
そんな力を感じた第一子の妊婦生活は
初めての地、大阪で毎日をサスペンス劇場の再放送と共に歩みました。
片平なぎさシリーズはかなりのオタクよん!

でもね
この時、すごーく思ったの。
カラダの変化も授かった命も
アタシがあってこそ動いているんだって。
おこがましいかもしれないけども、カラダをはるってそういうコトなんだよね。

アタシがあってこそで動いている命
アタシを生かす力でもあると、感じずにはいられなくて
それがまた
愛しくて、会いたくてたまらない感情を呼び覚ましたのだと思います。
りんご

—–




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください