最後は【あるべきところ】に収まる。

待ちに待ったLIFETREEカードが来てから
本当に感じていることを信じて優先する時間が長くて
(ほぼそればかり)
毎日がワクワク続きっ!!!

実は、、、
深めたかったことのための学校にも入っちゃった!

それが、わたしにはまーまー冒険だったことに
自分で驚きもしたんだけれど。

心からワクワクすることを選ぶことに
慎重になってたなんてねぇぇ

幼い頃からひとりで探求してきたことが(資格等ではない)
もっともっと追求できるなんて
魔法使いになれるんじゃない?と、ひとり心踊る日々(๑˃̵ᴗ˂̵)

もう少し早くに取り組むことができたんじゃないか?
なんて思わない。

LOVECARD↑
【自分から告白する方ですか?】

肝心なことは言わない、と
母に言われ続けたが、その通りw

学びについては自分から告白しませぬ。

日々の暮らしの中で生かすこと、
実践者であり続けることが、わたしの学びだから。

それらはいつしか学びを超え、
わたしの無意識になる

つまり、自分のものとなる。

去年から続けているヨガも同じ。

今日、ヨガのときの呼吸について
インストラクターさんから話を聞いた。

なぜヨガを行うの?
その答えは出ているのだ、と。

ヨガは心の作用を死滅させるため、だそう。

例えば、池に石を投げ入れると
池の水は揺れ、砂なども舞い上がり、水は濁っていく。

底に落ちた石は表層からは見えなくなる。

心も同じ

これまでの経験、常識、教えられたことなどが
表層にたくさんあって
本当の心は見えなくなりやすい。

肉体はコントロールできるが
意志は(心臓を動かす意志等も含め)
できるものとできないものがある。

呼吸は無意識にやってもいるが
意識的に深めることも、止めることもできる。

肉体と意志の間に呼吸はあり
その呼吸を使うことで
コントロールできるものとできないもので揺らぐのではなく
集中する=瞑想。

ヨガが呼吸とともにあるのは、
心の作用を死滅させるためのひとつなんだそう。

ヨガはわたしにとって
自分と深く繫がるひとつの時間。

あのマットの上の瞑想時間は
心の奥に潜んである本音との道にもなっているし、
状況を落ち着いて見極める時間にもなっている。

ポーズを取るために動いていたりするんだけどね。
心は集中してる状態。
(無ではない)

そんなことを願って始めたのではなく
カラダのため、運動を継続するためだったのにね。

それらはいつしか学びを超え、
わたしの無意識になる

つまり、自分のものとなる。

ピンときたときは
取りくみ、続けたらいいと思う。

最後は【あるべきところ】に収まるから。




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください