半年あれば、人は変わることができる

「ブログはどうしたら続く?」
これはずっと聞かれ続けていること。

ブログじゃなくてもいい。
 

自分が創る世界に対して妥協しない

ただ
「これをやる!」と決めて

理想通りにいかないとしても、

「やる!」という自分の気持ちを大切に
愛情を向け、エネルギーをかけて真剣にやる。

半年とか期限を決めて 徹底的に。
 

純粋な思いの種を植えたら
夢という実が成るのだから。


やれない言い訳をしたり、
後悔したり、
誰かや相手のせいにしたり、

いろんな意見に振り回されたり、
現状にモヤモヤしたりすることに、自分の大事な気持ちを持ってかれずに

自分で決めた自分の想いに
エネルギーをめーいっぱい注ぐ。
 

そうしたら
自分なりの「楽しさ」も見えてくるし、

自分が創る世界に対して妥協しない
という
「信念」が自分を支えはじめるんだよね。

 

たったの半年でいい、真剣になる

人との関係性もそう。(パートナーシップも)

半年程度、相手を知ったくらいで「うだうだ」言うなら
その人と真剣に向き合ってきたとは言えないと思う。

自分と向き合ってきた・・・とも。

半年あれば、人は変わることができる。

自分もだし、相手も。
その可能性を信頼してみよう、半年くらいは!

わたしの体験からだけじゃなく、
『半年あれば人は変わる』と言われているよ。

半年間、徹底的にやってみてはどうだろう???
今日は10月1日、キリもいい❥
 

どれだけ批判されたとしても、
どれだけ信じられなくなったとしても。

半年経ったところで、
その人、その事をもっと深めていくか、
この辺りで見切りをつけるか、

それをも自分で選ぶ人生を歩んではどうだろう?
 

真剣に自分を投じて、
エネルギーをすべて注ぐからこそ、

出来事は自分にとってよりよい世界に変化していくものなんだと
自分で腑に落とすことができるし、

まわりの人が変容していくことを
愛をもって見守ることも、時に助言することもできる。
  

それは
今ある人生や人との関わり、物質的なものに固執せず、
常に留まることのない世界に身を置くとも言える。

逆に言えば、固執しているからこそ、
人が変わっていくことに恐怖を覚え、うだうだ言いたくなるんだよね。
 

身体は新陳代謝を常に続けている

身体のことを考えるとわかりやすいが、
体力をつけようと思うと、1日や2日でできるものではない。

そして、食べたものは排出しないと
次なるエネルギーも入れる(食べる)ことができない。

わたしは、自分の信念の軸となっていた「母」を亡くした時、
こんなに大事なものを失くしてしまうなんて・・・と空っぽになってしまったが

今は・・・その気持ちは昇華して欠片もなくなって、

今いる目の前の大切な人たちに、
人生を注いでいることが自分の信念になっている。

こうやって人生も世の中も
同じことを繰り返しているのではなく、

日常は小さく感じられるかもしれないが
変わることは自然な流れであり、
呼吸をするように当たり前のことだと知ることができる。

たったの半年、

最も大切だと思ったものを大切にし、
目一杯味わい尽くしたら

自然にそのことを手放す準備(固執した想いやその関係の解消)ができる。

手放さずとも、
次の新しい自分にとって 大切なことを
大切にする自分に生まれ変わっていく。

その経験が
芯の強さ や 人としてのしなやかさ となり
またたくさんの事柄と出逢わせてくれる人生を創っていく。

愛そう、愛されようという
自分の心からの温かな思いを大切に

たった一つ、人生で必要な努力は
「自分を愛でる」努力

 

ご案内中の講座・イベント情報

2020年1月11日(土)12日(日)10時〜17時
愛そう、愛されようという 自分の心からの温かな思いを大切に

魔法の質問LOVEカードトレーナー養成講座

大阪開催 2020年1月18日(土)9時半〜18時
たった一つ、人生で必要な努力は「自分を愛でる」努力。

LIFE TREE GUIDE養成講座


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加