その人を想うだけで、その人のエネルギーになる。

読書熱が上がりすぎる夏。
今、山田詠美さんワールド。

次は吉本ばななさんに行こう、と。

わたしは紙で読む方がそのセカイにのめり込める。
そして
一度読んだ本を、また読み返すことがある。

その時とはまた違う感覚で読めるから。

この夏は、昔ハマった本も読み返していた。
それはきっと自分のベースを創ってきたものたちだから
そのベースを今はどう感じるのか、自分を探りたかった。

今、自分を再構築しているからだ(参考記事・下)
必要だと想うものはぐんぐんと入るから面白い!

チャクラウォーターのいよいよの話。

詠美さんの本を読めば、詠美さんのエネルギーになる。

その作品には作者のエネルギーがこめられてある。
だからわたしは、丁寧で繊細で絶妙なユニークさを持つ女性の本が好き。

自分がそのエネルギーになるから。

いろんなセミナーにも行ったわたしだが
男性講師のときは、その教えのすべてを一度受け入れるが、
自分のエネルギーに変換することを
その後、時間をかけてやる。

教えられたそのままをやることも大事だと思っているが
その男性エネルギーまで纏って
女性らしさを失うのはイヤだから。

女性の中にも男性性はある。
そこを伸ばすことも必要だが
同じエネルギーである必要はない。

その辺りは男性にはわかりにくいだろうし、
自分の教えをそのままやってくれる方が嬉しいだろう。

それがその人の個性を失くしてしまう、、、までは考えまい。

男性の発想は素晴らしいと思うが
人と寄り添い、育むのは、女性の方が得意だという特性はある。

が、

実際に男性のようにしか働けない女性はいる。
だけども
本当に輝いている女性は、女性を含めた個性を必ず持っている。

これは仕事だけじゃなく
プライベートも充実しているとも言える。

その辺りは、抜きん出た女性を参考にしたらいいと思う。

わたしが男だったら
誰かの教えに心酔している女性を選ぼうとは思えない。
まぁ、これは 女でも同じだと思うのだけど。

その辺りの女性性と男性性のバランス
自分以外の人は整えてはくれない。

そしてこのバランスは身体に多大な影響を及ぼす。
だからこそ見極めて
自分の中の女性性も男性性も育てることは大切。

そんなことを含めてトークライブはぜひ参考にしてほしい。

その作品には作者のエネルギーがこめられてある。

と言うことは

自分がそのエネルギーになる。

その人を想うだけで、その人のエネルギーになる
ということでもある。

恋愛ってそう。
好きな人の考えを自分の中に取り入れる。

お互いが学びで、成長できるということ。

身体の関係もそう。
違いを受け入れ合う。

自分の男性性(女性性)を育てることのできる
絶好の機会でもある。

わたしは個人的に
好きな男性のエッセンスで包まれていたいタイプ。
(溺れる系?)
好きな男性以上に、
他の男のエッセンスは纏いたくは、、、ない。
わたしは、ね。

想うことは、その人をダウンロード。

あなたは何をダウンロードして
自分を輝かせる???

完コピして、自分を失わぬように❥




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください