LOVE CARD

「ネクラチマチマ」と「大満足ニマニマ」

2日間、HPをいじってました。
仕事や家事もしながら。

好きなことだと没頭できて
パズルを完成させるかのような面白さ。

ほぼ2日間、徹夜ですw

わたし、まーまーネクラ。

自分と対話しているときが
いちばんの成長のように感じたりしている。

昔は漫画が大好きで
そのセカイにのめり込んでいたし、

発売日は待ち遠しくてたまらなくて
学校でもソワソワ。

その日は人の話も
あまり耳に入らなかったと思う。

そして学校から帰ればすぐに
駅前の本屋さんまでダッシュで走り、
買って戻っては
何度も何度も読み返した。

小学校から高校まで
ずーっと。

そんな小さなhappyで
生きれちゃうタイプ。

毎月楽しみに漫画を待ってた
あの時の「気持ちの継続」は、

「好きな人をずっと好きでいれること」

なんら変わりない感覚です。

距離が離れたとか、
それらも自分との対話をしていれば
気にならないというか、実はわかっていたりする。

こうなるよね、、、みたいな。

逆に

「飽きてしまう」とか
「素直になれない」とか、、、

その方がわたしには難しい。

「あの時、
あんな風に言ってくれたから
とても嬉しくて勇気がわいたよ。
背中を押してもらった!」

そんな風に後になって言われることは多い。

今は
カウンセラーという肩書きや資格があって
それは当たり前のようだけど

昔も
今も

背中をそっと押すようなことができたら
わたしの魂は自然に喜んでいる。

それはまるで
パズルに没頭して喜ぶように。

今、心に このピースが必要!

そんな風に
見えるように、聞くように

わいてくるから
それは魂からのメッセージだと思ってきた。

 

資格などの技術を磨いたり、
昔コンサルタントに言われたような
「目立て!」
「〇〇をターゲットにして、うんぬんかんぬん、、、」
的なアドバイスは

世の中的には大正解で
大きく成長もする。

でもわたしは
頭や技術のみ先走りするのが苦手で
セオリー通りに進められない。

「正解」を子ども達に話したところで
きっと
「この人は正解は言うけれど、寄り添ってはいない」と
見透かされることと似ている気がしている。

デコボコで傷もある心でも
寄り添うから人間だと思うし、
時間をかけたその道のりも
自分の人生においては欠かせない。

正解なら
AIがやればいいじゃん!と思うw

毎日暮らす家が

どんな風にしたら
みんながホッとする家になるだろう?

そんなことを考えるのも
パズルを創っていくようで、好き。

 

どんな風にしたら
キレイな家になるだろう?

なら

ルンバがいてるw

 

わたしは
いつもの日常や
自分の本音に
ウソがある方が、、、しんどい。

 

つまり

外側では明るく、楽しく、たくましく!
うちの中は疲れてるー、冷えてるー、

などが苦手なのだ。。。

 

デコボコで傷もある心でも
寄り添う気持ちは忘れたくない。

恋愛相談を聞いてきて思ったのは
うまくいかない場合は

寄り添うことを
どちらかが恐れていたりする。

それらの恐れが溶ける日がくることを
わたしは祈る。

なぜなら人生は心を開くほどに味わい深いから。

だからわたしには

「外側元気!
内側が 疲れてるー、冷えてるー」

のような相談が多いのだとも思う。

心の扉をどんどん「ノック」して開けてく感じだよ。

 

そこに
まるでパズルピースのように
「これ入れてみて!」とわたしは言うのだ。

昨日ね、長男の彼女ちゃんが

「男は絶対浮気する!って言う友達の
その言葉も
そんなことを考えること自体も、すごくイヤだ」

と長男に話していて

イヤなら
そんな言葉は受け流し、
そんなことを考えること自体も
しなくていいよ、

わざわざ
そのエネルギーを纏う必要はないよね!

なんて一緒に話した。

 

ここ2日間、
少しでも時間があれば
HPを触り続けていた。

パズルに没頭する気持ちと同じ。

 

イヤならやらなくていいし
好きなことに没頭していい。

 

という
「昔から根っこが変わんない」を
感じきる2日間でもあった。

 

ウトウトした時の夢にまで
「配色」が出てくるなんて、
白黒1000ピースパズルを極めてた昔と同じ。

 

ネクラチマチマな話。

心は大満足ニマニマだよ(☆︎∀︎☆︎)




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください