人生は進んでいる、望まない出来事も含めて進んでいる。

恋愛において
たとえば、「振られた」場合、「想いが届かなかった」場合、

そこにショックを受けて、
「こういう結果が出たから、わたしは愛されない人間だ」
なんて思い込んでしまうことがあります。

わたしは以前、うまくいかなかった恋愛の話をした時に、
「りんごろはみじめ」と友人に言われたことがあります。

そんな風に思うんだ?と驚いたし、ちょっと悪意も感じたけれど、
人それぞれに考え方、感じ方ってあるから、「あなたはそう思うのね」でいい。

その感じ方はその人のもの、それを自分に採用するかどうかではなく、
自分の感じ方を優先したらいい。


起こった出来事にショックを受けてしまう場合って、
そうやって自分自身を自分が決めつけてしまうからなんだよね。

それ、危険サイン!!!だよー

人間だからショックを受けること、その悲しみを味わうことは、あり。

でも、たとえば「みじめ」と自分を決めつけた時点で、それがゴールになってしまい、「もう恋愛は今はいい、仕事にネルギーを注ぐぞ!」なんて意気込んでしまったりする。

燃え尽き症候群になっちゃう。

人生ってそこで止まるわけじゃない。
この経験も含めて進んでる。

自分にとって悪い結果が出たとしても、
「今の自分に何がプラスされたらいいんだろう?」と振り返ってみるといい。

案外、「こうしてほしかった!」「これがイヤだった」なんて言われていると思うんだよね。
それをショックだけでとらえずに、逆に「それがあれば良かったの?」と自分の補足として受けとめてみる機会にもできる。

その感覚でいれたら、自分を何者だ!って思い込む必要はないと知れるから
大丈夫!

落ち込み切ることも、味わい切ることも、そこでやり尽くして、
次からは、その出来事に引っ張られずに、自分を決めつけずに、
また「自分のやること」に淡々と、エネルギーを注いでいけばいい。

ここが人生の分かれ目にもなると、わたしは思います。
すごく大事な場面だよ❥

そして、自分を責めるのもダメ。
自分を責めるって、実はいちばん簡単な逃げ道なの。

良くもしていかないことだし、自分ひとりの世界に閉じこもれる。
関係性は育てていくもので、失敗も、痛い思いもするもの。だから成長する。

ひとりの世界に閉じこもるって、関係性を育てる気持ちがないってことを示していることにもなりやすいから、なるべくやめようね。

*ひとりで味わいきっている時はべつ!!!閉じこもってよいよ❥


本気で自分を変えたい!って思う時
転ぶことも、痛い思いをすることも、いろんな結果をも
まず、受けとめることを必要とする。

そんな機会に見舞われることも、しなくちゃいけない。

たとえば、「みじめ」とその時の自分を決めたとして、受け入れるなら
そこからわたしはどうしたいの?と自分に何回も聞いてあげる。

ダイエットを決意する時、今の姿そのものを受け入れているし、
赤ちゃんは、何度も寝返りにチャレンジするし、何かを掴んででも立とうとする。

「この結果を踏まえて、あなたはどうしていきたいの?」
と、誰かに聞かれなくても
自分が聞いてあげることで、自分に寄り添い、自分の最大の味方になってあげることができる。

自分にそれらをできるようになれば、
自然に誰かに寄り添い、誰かを大切にすることができるようになっています。


時に人生には止まることが必要だけれど、
その経験も含めて進んでいるということを、知っておきたいですね!






♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》


《自分を生かしていきる》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加