LOVE CARD

自分の中の「男性性」と「女性性」を育てるには?

わたしは
人に与えることに喜びを感じる方だけど

わたしが受け取ることで
相手も与える喜びを感じることができる、と思ってから

「受け取る」ことも続けている。
(最初は修行のようだったがw)

 

与えること と 受け取ること は
実は
自分の中の「男性性」と「女性性」を感じることができる。

 

そのバランスが取れるようになると
どちらかだけに偏ることに不整合を感じて

自分らしくバランスが取れる
「中庸」を探すようになる。

つまり
「男性性」も「女性性」もあるのだから
どちらも伸ばしていくことになる。

 

この何年も思ってきたのは
「結果重視」の世の中の流れに沿い、

女性が
「男性性」優位になってしまったこと。

 

仕事はうまくいっている!が
パートナーシップが・・・

という女性が増えたのは
その流れだろうとも感じてきた。

 

「ひとりが楽!」
「恋愛面倒!」

 

そんな言葉が出るのは
「受け取る」喜びが自らのエネルギーに変わることを
忘れてしまったからかもしれない。

 

「男性性」優位の女性は
一見、仕事はうまくいっているし
世の中に必要とされるから
なかなか現実を変えない、という事実が生まれる。

 

 

「受け取る」喜びが自らのエネルギーに変われば
自分の中で滞っているところに
喜びのエネルギーが流れ込み

活性化して

新たな仕事のアイデアや視点、
これまでとは違う関わり方や取り組みもできるから
チャンスも巡ってくるのだ。

 

これまでと違う
「与えられる」というカタチで。

 

男性と並んで
男性に劣らないように
仕事をする必要がないのだ。

 

これが「女性性」を含めた仕事の進め方にもなるのよね。

 

「女性性」も活用すれば
もしかしたら
無敵かもしれない。

 

このバランスをうまく取れるのは
「女性」の方じゃないかとわたしは思っている。

 

受け入れることは
双方に
喜びと豊かさをもたらす。

この関係性は「癒し」となるので

ビジネスでも
スムーズに事が運ぶようになると
わたしは感じている。

それが本来の自分を生かすことで、
シンプルだとも。

 

 

そんなことも伝えています↓

 




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください