ふたりでしたいこと

ふたりでどうしていくか?

パートナーシップの究極はそこ。

ふたりで大切にしたいこと、の前に
自分の大切にしたいこと、を知り、伝えることは大切だけれど
自分の大切にしたいことだけを押すことは、意外に多い。

うまくいかない場合のほとんどがそれだと言っていい。

自分のやりたいように、自分の心地よさだけを追求し
自分の思うようにしたいのであれば
ひとりでめーいっぱいやった方がいいのかもしれない。

ふたりで生きると決めるならば
ふたりをベースにすること。

最近は不倫報道をよく見かけるが
ふたりで成立しているのであれば
迷惑がかかっていない世間は 何を言っても仕方ないのかもしれない。

不倫に走るまでに
そうなることが その人たちにはあったワケで
不倫をやめたとしても
要因になったことに それぞれが向き合わなければ、根本的な解決にはならない。

そして
そこに時間とエネルギーをかけることを
面倒だと言う人も多い。

本質的に大切なことに向き合い、
時間もエネルギーもかけていくことは
人生で優先していくことだとわたしは思うのだけれど。

ふたりでどうしていくか?を話し
お互いとお互いの時間を大切にしている夫婦は
世の中にそんなに多くはないとわたしは思うが
わたし自身はそこを大切にしたい派。

だから大切にはできないとわかったとき
どれほどショックだったか。。。

でも
でも
でも
わたしは大切にしたい派。

そこは譲れない。

わたしの年になると
「大人な付き合いをしよう」等と
カラダと気持ちの刺激や寂しさを埋める行為を求める誘いは、少なくはない。

誰、誘ってんの?って話だけどw

世の中には、恋だけをしたいという人たちもいる。
マッチングを考えたら、そこに行けばいいという話だし、
合意できれば、それでいいとわたしは思う。

それが大人でしょ?

【わたしはふたりの関係性を大切にしたい派】
ということを
公言しているにも関わらず誘うのは

人の話を何も聞けてないんだな、と
逆に人格を疑うだけ。

人の話を聞くという、
コミュニケーションの最初の一歩ができてなくて
どの口が「大人の付き合い」という言葉を使うの?であーる。
(わたしはそこまで言いますよ)

これじゃ息子’Sと話している方が何倍もいい。

自分の大切にしたいことだけを押すというのは
そういうこと。

恋愛だけに関わらず、人間関係においても同じ。
人が離れる時というのは

大切にしたいことで
重ねたい部分が違う

ということなのだ。

大切にしたいこと。

そもそもそこが根本的に違えば
相性として良いとは言えない。

遊びたい人 と 本気の人 が
付き合うことができないように。

恋は盲目と言うが
大切にしたいことまで見えないほど
目が曇っていては、人生も曇る。

本質的に大切なことは多くはないはず。

そして
そこを意識できている者同士は
自然に惹かれ合うとも思う。

類友って言葉があるくらいだから。




♦INFORMATION♦︎











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください