信頼とは「信じようとする」のではなく、本当の姿で、本音を出して接することから。

昨日は娘っこの部活の引退試合に行きました。
(勝ったのでまだ続くんですが)
 

 
思えば中学生になってからの娘っこは 思春期盛りに入りまして
順調と言えば順調な成長ですが、

次男坊のまだ続いていた思春期と重なったこともありまして、
ものすごく体力、精神力を消耗しました。

この時期にシングルで育てたわたしを、わたしは褒めてあげたいっ!
ええ、自己満足ですw

日々揺れ、それを容赦なくぶつけてくる10代の思春期たちの凄まじいパワーを
受け続けた自分って、「なかなかだな」と振り返れば思うくらいで
その瞬々はめーいっぱい生きていたり、必死だったりしてましたけど。

遠慮なくわたしにぶつかったり、当たったりする姿は、
「ここに居場所がある」と示している現れなので
(思春期は真逆の言動になるからね)
わたしを安心させてもいました。

わたしは親に、そんなことできませんでしたから!
両親ともに、病気や介護でいっぱいいっぱいでしたからねぇ

受けとめる器のあるところでしか、人は本当の姿や本音を出さないものです。

出したとしても、受けとめてもらえないことが分かったら、
違う居場所を求めていくものです。
 

受けとめる側として大切だと思うのは、
『受けとめすぎないこと』『無理をしないこと』

母のわたしも「人間」で「完璧」じゃないということ、
わたし自身も本当の姿で、本音を出して接することだと思っています。
 

そのままでいることが
相手もそのままでいられるから。
 

 
シングルになったからと言って、
父親代わりをやるのはナンセンス!だとわたしが思うのは、
自分に『無理をさせる』ことだからです。

そのポジションは『わたし』じゃない。

わたしは誰のポジションにも入らないし、誰のポジションも奪わないし、
わたしは『わたし』でいるだけ。

自分を生きるだけで精一杯!!!
 

これはシングルに限らず、
夫婦でも、職場でも、人間関係の中でもあることではないでしょうか?
 

よく「上から目線でこられるのがイヤ」と聞きますが
それは、無意識に「下」のポジションに入っているからかもしれません。

わたしは、どんなに上から来られたとしても、決して下に入りません。
そのことが心地よくなければ、その人は自然に去っていくだけだから。

と言うか、「上から来るよねぇ?」と
笑いながら、場を和ませながら言うのが『わたし』です。

本当の意味での平等や対等を知らないだけかもしれませんよね。
 

上司だとしても、メンターだとしても、
尊敬していることは変わらず、素晴らしい人だとどれだけ思っていても

人として「上」や「下」に入る必要はないと思います。
感謝や報告を伝えることはありますよ、もちろん!

長続きする関係性とは、本当の意味での「対等」なんだと思います。
 

 
子どもたちの思春期に対して、
受けとめてきたことを労うのは『わたし』しかいないのです!

でも、子どもたちは知ってるし、それを言葉にしてくれる。
(後で落ち着いてからだけど)

元パートナーからも感謝されるし(当たり前だけどね)
それを言葉にも、お金にもしてくれる(当たり前だけどね@2回目)

そこが彼のポジションだから、奪わない。
感謝もしています!(当たり前だけではないよw)
 

互いにポジションを分かりあうとは、
『受けとめすぎない』『無理をしない』こと。

本当の姿で、本音を出して接することから。
 

それが、
互いに頼り合えること=信頼につながるのです。

愛そう、愛されようという
自分の心からの温かな思いを大切に

たった一つ、人生で必要な努力は
「自分を愛でる」努力

 

ご案内中の講座・イベント情報

2020年1月11日(土)12日(日)10時〜17時
愛そう、愛されようという 自分の心からの温かな思いを大切に

魔法の質問LOVEカードトレーナー養成講座

大阪開催 2020年1月18日(土)9時半〜18時
たった一つ、人生で必要な努力は「自分を愛でる」努力。

LIFE TREE GUIDE養成講座


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加