お互いの心に言葉で残していく勇気♡

ラブライフ講座で必ず伝えていることがあります。
 
愛は受けとらないと感じることはできない、と。
だから 受けとらない人は 愛を与えることはできません。
(知らないものを 人に与えることはできないでしょ?)
与えているようで、実は愛を奪いにいく行為になることもあるんだと。
でも これって難しいよね?
わたしもこれまでは 受けとるフリをして
何かできることで返さねば、、、と思ってました。
そうなると相手はこうしてほしいかな?と
頭で考えることが優先。
受けとって感じることを忘れて
【知らない愛を 考えて与える】ばかり。
それが伝わることはないの。
この子は愛がほしい子ではないんだな、と思わせ
大切にさせないようにしてるの。
結果、何もしようとしないダメンズができあがる。
でも わたしは思う、、、
なんでわたしは大切にされないんだろう?
本当は大切にもしてほしいのにって。
{0073C3E3-D5F3-48BD-966D-356EB7063C3B:01}
愛を受けとったとしても
人は
受けとった愛を少なく見積もり、
与えたを愛ばかり大きく見積もる傾向があります。


『こんなにしてあげたのに、、、』
『こんなに想っているのに、、、』
そんな時ほど、自分を見直すチャンスです!
自分は 愛する人から何を受けとっているのか?
そして
愛する人に何を与えているのか?

それは 目に見えない「プレゼント」。
プレゼントとは
ふたりで関係を創っていくことで得ること

他の何より代えがたいと知ること。


そして目に見えないからこそ
そのプレゼントをお互いに、伝え合う必要があります。


受けとって『ありがとう』も大切。
でも、いつもそれだけじゃなく
相手からどんな愛を受けとってきたのかを伝える。


伝えない限り
相手は自分の存在意義や無意識にやってきた行動に
気づかないかもしれません。


《受けとった愛》があるから心が満たされていること。
その大きさを自分自身も今一度感じて
あらためて伝えることで、
より代えがたい愛を大きく強く創ることができると思います。


伝えるのは苦手、、、
言葉では伝わらない、、、
言っても受けとってもらえない、、、
行動を感じでもらえない、、、
と思うのならば、それは自分の傷が疼いていること。
その傷をもち続
ける限り、悲劇のヒロインから抜けることはできません。
伝えることもできません。
それは 相手に存在意義を感じさせないままになります。
そんな時ほど、視点を変えるチャンスです。
自分は 愛する人から何を受けとっているのか?
そして
愛する人に何を与えているのか?


伝え、行動し、何度も何度もトライし、諦めなかった人は
もし その愛が終わることがあったとしても
その時の精一杯を表したことで、
後悔は少なく、次に歩めるでしょう。
何もせず、伝えず、行動せずに 相手の顔色、様子を伺いながらいるのか、
想いを伝え、行動し、受けとり、感じて
ふたりの関係を創っていくのか、は
自分で選べます。

{7DCF0C89-3A9D-48B9-A3B7-1295DA0FC892:01}


伝えない言葉は
いつしか波にさらわれていきます。

ふたりの心に残しましょ♡

—–




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください