『いつかわたしを裏切って捨てるに決まってる。それが一番恐いの』

image

捨てられる恐怖を
持ち続けてしまったことがあります。

ある時に何気ない言葉を聞いて
それが胸に引っかかってしまったから。
自分がいても意味がない、邪魔かもしれないと思ってしまったから。

弱い自分の方を 自分の中で存在し続けることを許したから。

ONEPIECE
で ロビンニコ・ロビンが言ったよね。
『いつかわたしを裏切って捨てるに決まってる。それが一番恐いの』

受け入れてもらえると思っていた所に
受け入れてもらえない悲しみを感じたことのある人は
味わったことのある感情かな。

わたしもそんな風に、本音を遠ざけて、意地をはってしまいました。

だけど
その感情はとてもしんどい。
ずっと掴み続けるのではなく、
自分を悲劇のヒロインにして切なさを抱き続けるのでもなく、

その感じ方を吹っ切って

希望に、
恐怖を感じる程 そこにいたいと想ったことに、
そんな自分をまたよび覚ませたことに、

感謝を感じはじめたら 変わりました。

写真は宇治川とその日にあった花火。
花火は
一瞬をめ~いっぱい輝かせる。
そこに関わる人は
この一瞬にどれだけの想いや労力を込めたのだろうと
思わずにはいられませんでした。

一瞬だとしても
恐怖を選ぶことを手放せばいいや!と改めて思いました。

まだまだ、人生の中では
不安や恐怖を感じる場面は訪れると思う。

味わったら
空に返して
ありがとうが言える自分でいます!

りんごろ

ロビンニコ・ロビン
最後にこう言うんだよねー矢印

—–




♦INFORMATION♦︎











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください