チャクラウォーターのいよいよの話。

サンセバスチャンに旅に行った友からお土産でチャクラウォーターをいただいた。

現地でピンときたお店に入って買ったらしい。
彼女らしい、色気のある香りのセレクトで、
これを身に纏うと ちょっと大人になった気になるから、女って単純だ。
(いや、十分大人だろ!)

その日は、彼女の旅のエピソードをたくさん聞いたこともあり、
異国のエネルギーと彼女の色っぽいエネルギーを身に纏ったわたしは、
自分の中の「オンナ」がかなり燃えたように思えた。

そして
チャクラウォーターをそっと見た瞬間、「いよいよだな」と思った。

いよいよってなんだ?って話。

チャクラには色があって
赤は第1チャクラの色とも言われている。
まぁ、ベースなのだよね。

10年前くらいに、自分の中でふと湧いた疑問があった。
どんな時も心のどこかで潜んでいたその疑問は、
それからわたしをずっと観察してきた。

その答えが、この夏にハッキリとしたことで、
10年のわたしのひとつの旅は終えることになった。

第1チャクラの旅、
それは思い込み(刷り込み)からの覚醒。
つまりセカイの自立。

わたしの中では、
新しいベースを創る時期に来ていて、
だからそのタイミングで チャクラウォーターを渡してくれる
友の直感と言うか、ベースに向き合える愛の持ち主と言うか、、、

その存在の大きさに感謝と、
繋がりの深さを感じるのであった。

彼女は人のセカイ(前提)を変える強みを持っていると
わたしはずいぶん前から思っている。

そして次々と周りの人のセカイを変えているのを、
自覚しているとも思っている。
最近の彼女のその力は肥大化していると思うのだ。
同じようにオッパイも肥大化。
(笑・オイ、どこ見てんだ!みたいな)

女性の色気とは、セカイ観を変える強みでもあると思うのだけど、
その辺りは会った時に聞いてほしい。
(ここで書くのが面倒だから・オイ)

強みで思い出したが、
わたしは【理・ことわり】という強みが
本質の強みだと言われたことがある。

現象→理→摂理

真ん中ね。

わたしの表現には「なる」が多いことも指摘されていた。
そうなる、という物事の見方。

毒舌だとか、辛口、ハッキリ言う、と言われる所以もここからで、
それらはもう、人とは違う視点でこのセカイを見ているのだろうと思っている。

客観視ができて、感情に流されないのも
そこからなのだが、、、

その強みは、
同じように思ってもらえる人が少ないと言うことでもあり、
生意気だとか、分かり合えないとか、目立ちたがり、、、
などと言われ続けた人生でもあった。

若い頃のわたしは、そこに悲しみや分断を感じてきていたのだ。

「そうやったら、こうなるやん!」と
何故みんなは思わないのだろう?という、
わたしの周りへの疑問は

周りにとっては、
当たり前に目に写るものが、わたしには見えない、
と言うことであり、
だから必死で共感力を養ったり、人とズレないようにもやってきた。

【理】という強みを知って
わたしは人とは違う視点や、
そうなるという仕組みがわかるから、
それらを適切な言葉を使って伝えたら、
楽になる人もいるかもしれないと活動にして、セッションも重ねてきた。

でも、
もう、
必死で人と歩幅を合わせようとする、
処世術は本当にやめようと
地震の時に降りてきた。

去年、とても信頼する方のセッションで
「このままだと死ぬからね」と言われたのも頭から離れず。

くすぶっている自分をずっと知っていたから。

 

ただ、強みが【理】だと言って
わたしが正しい!ということじゃなくて
違う視点から見ている、ただそれだけのことです。

チャクラウォーターのいよいよの話。




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください