あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

死ぬとき、本当に自分に残るものがわかる。

死ぬとき、本当に自分に残るものがわかる。


母がよく言ってた言葉。
もしかしたら、自分に言ってたのかもしれないね。


母は、どちらかというと質素に暮らしていた。
節約ではなく、暮らしの楽しみ方というか、性格というか。

子どもの頃、うちはなぜ、お菓子の買いだめがないのだろう?と思っていた。
友達の家に行けば、必ずお菓子が出てくるのにー!と。

畑の野菜じゃなくて、スーパーの野菜を食べたいとも思っていた。

ジュースは、母がミキサーで作るジュースじゃなくて
炭酸飲料が飲みたいのだよーーー!
ファンタにはいろんな味があるらしい!とも。

おやつはお菓子なの!!果物じゃないーーー!!!とも思ってた。

干し芋とか干し柿とかやだー!
お弁当、茶色ばっかー!
パスタとか、ハンバーグとか、もっと食べたいよー!

と思ってた。


でも、学生時代
わたしのお弁当は特に男子には人気で、
よくおかず交換してたっけ!

わたしが狙うのは男子弁当の中のコロッケ。
男子弁当って揚げ物が多くて、ボリューミー!
クリーミーコロッケなんて必死でお願いしたかも。

そして男子たちは、うちの焼き魚や煮物を好んでいた。

今となると、わたしの作るお弁当も
母と変わんないなと思うことが多い。息子たちはボリューミーだけどw


食べたもので作られてきたんだな、と感じる。

母が忙しい時、代わりにいちばんやりたくなかったのが
ぬか床を混ぜること。

腕にまでニオイがしみこんでイヤだった!

でも今は、あの時のぬか漬けが食べたい。
どんなに自分でつくっても、母のぬか床には敵わない。

大人になった今だからこそ、

話したいこと、聞きたいことがたくさんある。


ある時からそんな風に強く思うようになり
心の中で、母にたくさんのことを語るようになった。

まるで
姉さん、事件です。のドラマ、”HOTEL”と同じように。
(はい、昭和世代〜w)

そうしていくうちに
自分の取捨選択は、この対話がキーだと気づいた。


そのうち・・・
母に語りかけているすべては
自問自答=自分との対話だと、いつからか感じるように。

母は亡くなる前、
これまでお世話になった人たちや会社の人たちに
その方々の好きなものを贈り、会いに行ける人には 会いに行っていた。

お葬式のときに、色んな人がそのことを伝えてくれた。
まるで、いなくなることを知っていたかのようだと聞いたときに感じた。

そして、
母らしいな、、、と。


当時はそれを聞いて、少し悔しく思った。
わたしも もっと関わりたかった!!!と。(はい。甘えん坊です)


でも今なら分かる。
与えることが喜びで、それをやりきったのだろうと。

死ぬとき、本当に自分に残るものがわかる。


ということは、
ある時から動き始めていた母には

自分に残る本当に大切なことが、わかっていた

ということでもあるんだよね。


大切なことは
ずっと意識してたい。

そして
いちばん大切にしたいことを、いちばん大切にすることを
母のように忘れないでいようと思う。


質素でシンプルな生き方、
与えることが喜び。


そんな母を
今はとても誇らしく思う。


わたしが誰かと比べることなどに興味を持たずに育ったのも、
母のおかげなんだろう。




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください