道が逸れていることを示すサイン

娘っことお風呂に入った。
絶賛思春期中の娘にとって、今はコンプレックスの悩みが尽きないよう。

ママ、なんでわたしは可愛くないの?
ママ、なんでわたしは足が太いの?
ママ、なんで人は努力をしないといけないの?

10代は多感。


本質誠実さとは離れた
人に認められること好きになってもらうこと等の
他人軸を自分にあてはめる年代に入ったのだろう。

光と闇はセット。

どちらからでも自分の光を見つけられること、
本質から目を背けないこと、

それらを学ぶ道に入ったんだなぁと感じる。


恋愛相談で、ふたりの関係性の
不誠実さ、不自然さ不健全さに気づくことはある。

それらは
表面的な出来事、感情にただ流されていること、
本質から離れていること、
道が逸れていることを示すサイン。

本来の自分の人生への道に還るために。


今の娘っこの場合、
わたしから見ると
彼女らしくないなぁ、と思うことは多々ある。

けれどそれは
闇の中から光を自分で見出すための機会。

親が答えを簡単に出してあげても、意味はないだろう。

代わりに呼吸をしてあげることはできない、のだから
自分で光を見つける。

「自分の道を自分の足で歩む」
精神的な自立を始めたい!と魂が望んでいるときなのである。


例えば恋愛においては
堂々と「不倫」を公表はできない。

自分の中の闇の部分。

批判や批評は簡単。
そこから何を見いだせるのだろう。
そこで何を学んでいるのだろう。

その想いが本気で、本来の道であるのなら
すべてを引き受ける覚悟はできるし、流れは必ずやってくる。

何かから逃げたい、適度に気持ちを紛らわせたいなら
誠実さには欠けるのだから、
誰かから誠実ではないことを起こされても、やったことが還ってくるだけ。

そのようなお付き合いの始めは
それはそれは優しく、素敵な扱いもしてくれるだろう。

人の本来の姿
見せたい姿の中に在るのでなない。

ふとした食事中の飲食店スタッフへの対応だったり、
身近な人への態度だったり、

緊張感のないときに溢れる=現れてくる。

サインは必ず現れるから
表面に溺れず、見逃さず♡


自分を大切にすること自分の人生を大切にすること
その間で迷うときは
自分の人生を大切にすることを選ぶといい。


娘っこを例えにすると
自分を大切にするために、
仲良しの友達の言うこと、正しさを中心に置き、
自分の本当に感じたことは胸にしまっている。

それで仲間はずれになることもなく、友情を感じられ、
その中で過ごす時間には安心がある。
けれど、心はモヤモヤ、ざわざわ、イライラもしちゃう。

仲良しの友達にその気持ちはひた隠しにし、
担任の先生や家族には、フラストレーションが出てしまう。

周りを大切にするように、自分も大切にし、
同時に
周りも自分も尊重できる関係はつくることができる。

まずは自分に素直になり、誠実に真実を伝えていくこと。


それが自分の人生を大切にしていくこと
互いに尊重しあえる関係性をつくる一歩目。


今ある関係性で、そのようにできていないものを
終わりにした方がいいと言っているのではない。


関係性の不誠実さ、不自然さ不健全さにふと気づいたなら
自分らしい道から逸れているサイン。

ただそれだけの事実。


自分の限りある人生を
自分の足で歩んでいこう。






♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》


《自分を生かしていきる》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加