LOVE CARD

商品(サービス)のその奥ある「想い」が届く=LOVEも同じ!

体調が良好でない時や
体がエネルギーで満たされてない時は
自然にパソコン等の機器から離れるね。

でも、わたし、、、、
読書はやめれなかったー!
好きなものはやめられないね。

そして改めて
活字の力を感じる。

力がみなぎるような「一文」ってあって
それを思わずメモしたくなる。

写メじゃなくて
書いて記しておきたいと思う衝動から
新しいノートを探したくなった。
(今のノートは終わりそうだから)

わたしにとって「書く」ことは
自分に記すこと。

それらをどう自分の中で腑に落とすか
自分のエネルギーに織り交ぜていくのか?が
わたしを創る。

そして思うんだ。

こんな言葉たちが交わされるようなところに
身を置いておきたいと。

昨日もそのような言葉たちに出会ってしまい
その言葉を発した人の作る商品を見つけて
たまらなく欲しくなった。

ほんと単純!
でも、その単純さは常に持ち続けていたい。

商品(サービス)のその奥には
想いがある。

想いは作り手だけじゃなく
買い手のハートにも響くから
互いの原動力となる。

ということは!
人は奥にある「想い」を体験したくて
商品(サービス)を買い、

想いがライフスタイルを創っていく
言ってよい。

LOVEも同じ♡
伝わらないのは伝え方が悪いのではなく
本音(奥にある想い)じゃないから。

何年か前に
「ひとりで暮らすとしたら
今、在るもので何を持っていく?」
と聞かれたことがある。

思うに、
パソコン、ノート、筆箱、オイル(スキンケア含め)、
好きなカード、少しのお気に入りの服、ジュエリー、宝物の写真、、、、

スーツケースに収まる程度なのよね。

家も、好きで買ったライトも
マグカップもあがってこなかった。

そんなもんなんだ!と思うと同時に
あがらなかったモノには
さほどエネルギーを注がなくてもいいんだな、
と考えるようになった。

そして
わたしのライフスタイルの素となる
「想い」をどんどん絞ろうとも。

たまに会う人に
「今、何やってるの?」
と聞かれることが昔はあったのだけど
今はない。

これも「想い」がカタチになってきたのかな?
と感じたひとつ。

Facebookの友達申請に
メッセージが付いているかどうか?の
論議を何度も聞いたこともある。

↑これに関しては
わたしは「メッセージいらない派」。

他の必要なメッセージが
下に下にいってしまうから。

これも
ライフスタイルの素となる
「想い」を大切にしたいから。

申請メッセージは
「想い」とはあまり関係ないものが多いから、、、ね。

何をしているか=その人の大切な「想い」

この一致が
人には伝わるとわたしは思う。

「わたしの肩書きは何が良いと思う?」
と聞かれることがあるのだが

・誰にでもわかる「知ってもらうための」肩書き
・自分の「想い」を見せる肩書き

等々、、、

それを言ってもらえた方が
考えやすいとわたしは思う。

やっていること や やりたいこと。
そこには
どんな純粋な想いが種になっているのか。

動機が曖昧だと、届くエネルギーも曖昧。

だから昔は「何やってるの?」と
聞かれていたのだと今なら思う。

というワケで
シンプルなLOVEカードからの質問を↓




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください