LOVE CARD

日常こそ、人生

14年前の今日、娘が生まれた。
子どもは2人欲しいとは思っていたが、
自分が3人の母になるとは思ってもいなかった。

まさに未知の世界の始まり。

そして3人の子育ては予想をはるかに超えて
「思うようにはならない」をわたしに教えてくれた。

大袈裟に思うかもしれないが
わたしがいなければ生きていけない人間が
目の前に3人いて、

でも、3人をずっと見ることは
現実的にできない状態。

2人までは目で追えたが、
3人はわたしには、追えなかった。
だから
信頼で深く結ばれたんだろうとも思う。

心配は見張りだから。

よくよく考えれば
わたしは【未知】に惹かれ、
探し続けるプロセスが好きだ。

不安はあるが、それ以上に
真っ直ぐに向かう夢中のエネルギーで
気がつけば突き進んでいて、

逆に言うと、
こうして自分の道を探させてもらえないと
息が詰まって、最終的には諦めに入る。

まぁ、何にでも夢中で入っていくから
母は「石橋をまずは叩いて」と言っていたのだろう。
親になればその気持ちもわかる、、、

のだが、

わたしはやはり冒険をする子どもたちが好きだ。

その自分の感覚を心から信頼して進んでほしい。

時に突拍子に感じて驚きもするが
どこかでは面白がっている自分がいる。
「そうこなくっちゃ!」と。

だから目が離せなくなる!

見張りではなく、興味でね!

今日は、わたしにとって特別な日になる。
それは【生のエネルギー】を感じられる日、だから。

5月から新しい学びを始めていた。
本質的に大切だと言われていることは
いろんな人がメソッドにして伝えてもいるが

日常こそ人生。

日常でやれているかどうかにフォーカスして
そのために毎日メッセージを伝えてもらう。

母親業ってそうじゃない?

目立ちはしないけれど【日常】がすべて。
この積み重ねがひとりの人格に多大な影響を与える。

寄り添い、育む。
ここは、わたしがとても大切にしてきたところで
それをカタチにしている方に
会える日が、今日なのだ。

どんなエネルギーを纏い、
わたしはそのどんなエネルギーを吸収するのだろう?と
もう、未知のワクワクが止まらない。

今月は
自分でもこの偶然に驚いているほど
未知の扉を開くべく出逢いが、ある。

この半年くらいは
そのために自分を整えてきたようにすら感じる。

日常に未知のエネルギーを取り入れることは
新しい風を舞い込ませること。

心にスペースがなければ、その隙も作れない。
というワケで、
削ぎ落としてもきたんだな、
思考も、関係性も。

本当に大切にしたいことを
大切にするための傷みなら
わたしはそれをも受けとめていく。

やっと!やっと!機が熟した!!!

そのスタートが今日という
娘の誕生の日で、
記念日で、
とっても嬉しい朝なのです!




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください