終わりや別れがくるとき


終わる。
その言葉が、朝降りてきた。


何が?とは考えず。

今、いくつかの仕事に関わっていて
それぞれに打ち合わせや顔合わせがある。

そこでは
始まる、を感じている。

終わりは、
「自分の人生のために始まることがある」から起こる


だから
きっと悲しみだけではない、

いや、
悲しみも苦しみも味わいつくした先にあるものを知ろうとした人に
訪れるのだと思う。


先月初旬、母のお墓参りに福岡に帰り
そのときに、母を亡くして10年の月日が頭の中で流れた。

あの頃のわたしは
母のような「お母さん」になるべきと無意識に頑張っていて
だから母がわたしの中の指針、中心にいた。

その母を突然亡くしたことにより
これからどうしたらいいのだろう?という空洞がぽっかり現れ、

自分の中の中心軸が見つからないまま過ごし、
カラダを壊すことになったのだろうと、今は思う。

心理学を学びなおし、
あらゆるセミナーに行きまくり、

心の研究を深め
同時に心理カウンセラーとして歩み、検証もしてきた。


母の代わりとなる指針、中心軸を
どこかに、何かに求めたのかもしれないし、
新たな道を歩むキッカケを、母がくれたのかもしれない。


改めて思ったが
母の死を節目として、わたしの第3の人生はスタートした。

「板橋雅美」という生まれてからの人生は、
家族の繋がりを求め、安心という居場所を探し続け、

「中島雅美」という結婚してからの第2の人生は、
自分の家族ができたという喜びから、
安心という居場所を与えたいと頑張っていた。


母を亡くしてスタートした第3の人生は、
絆、繋がり、寄り添い、育むを中心とした
自分の人生を生きることを教えられている。

わたしは第3の人生の中で
「家族」という大切で、かけがえのない居場所は
留まるというカタチではなく、
変容し続けるものだとも教えられた。


これまで変容を恐れ、
家族を動かぬように見張っていたのは
わたしなのかもしれない。。。

そんな風にも思うようになった。

人は、年月とともに成長し、変容する。それが自然。
その変容のときこそ
互いで寄り添い、受け入れ、育み、深め合う。

変えない方が
不自然だったと知る。


10年前はあんなに大切で、
わたしの中心だった母の想いは

今は、
愛された思い出として、わたしをサポートしてくれている。

別れることを選び、自分を責めまくって、
子ども達に償いきれない傷を負わせたと思っていた罪悪感は
子ども達の成長と愛によって包まれ、肯定された。

信頼も心の回復もないと思うほど辛かった
過去の恋愛も
今では わたしの仕事まで支えてくれる経験となった。

誰かの幸せを、自分の幸せとしてきたことは、
自分の幸せが、誰かを幸せにできることも教えてくれた。


その時に大切だと思ってきたものたちは
心にしっかりと積み重なっていて

原型は
いろんなカタチに変容しながら

しなやかに、だけど壊れることのない
強い信念というものになっていた。

終わりと始まり。
これは自分の中の変容のメッセージ

変容を恐れず、
向き合える自分であろうと
10年の月日を愛しく、懐かしく感じる自分がいる。


新たな「始まり」に可能性を見出しながら。

いちばん大切にしたいことを
いちばん大切にしていこう

たった一つ、人生で必要な努力は
「自分を愛でる」努力

 

ご案内中の講座・イベント情報

10月26日(土)10時〜18時
たった一つ、人生で必要な努力は「自分を愛でる」努力。
落ち込んでしまうとき、復活したパターンを知れば「強運」になれる!

LIFE TREE GUIDE養成講座

11月2日(土)3日(日)10時〜17時
いちばん大切にしたいことを いちばん大切にしていこう
パートナーシップで最高の関係になる

魔法の質問LOVEカードトレーナー養成講座


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加