恐れを手放したいときは「自分を愛でる」。具体的にどうするの?

「素敵な息子のつくり方」
そんなコンテンツをつくったらいいよ!と言われた時、正直驚きました。

そんな見方、感じ方をしてくれる人がいて
コンテンツまで勧めて、世に送ろうとしてくれるなんて、と。

そのときわたしは、自分の中の恐れに気づきました。
そして、恐れの手放し方も同時に知ることができたのでした。
 

良い方向に導いてくれたこと、くれないこと

わたしは、「夢中になる」「没頭する」ところが人より多く、
その時「いい!」と思ったことには突き進み、邁進してしまう。

夢中だから、まわりなんて見ていない。

だから「石橋を叩いて渡って!」、「勝手なことばかりしないで」
「そんなことやって意味あるの?」「お金がもったいない」等と
再三注意されてもきたワケで

後になって
「あの人がこんなことを言っていたよ」、「母親としてどうかと思う」、
「みんな同じように思ってるよ」なんて言われることもしばしば・・・

それらには、すごく凹む自分がいました。

身近な人であればあるほど、否定は罪悪感につながり、
自分を責める時間は続く。

これが身近な人ほど辛くてね・・・

そして
居心地の悪さがっかり感不安罪悪感自分責めを感じることは
わたしを良い方向に導いてくれたことは経験上なかったので

そんな風に言われることが続くようなら
その人には、感じることを伝えることはやめ、
距離を置くように選んできました。

わたしがわたしじゃなくなることは、
その時のわたしには苦しいことだったから。

それは、苦しさから学んだわたしの処世術でもありました。
 

恐れも愛も循環する。どちらを循環させたいか。

でも、わたしは知っていたのです。

苦しさや怒りを元に、何かの術を身に着けたり、
逆に攻撃したり、正当性で戦ったり、競ったりしても、
それは一時しのぎであって、誰の幸せにもつながらないことを。

母方のわたしの祖母は言語障害があり、
叔父は身体障害者で、母は長い間 ふたりを介護していました。

わたしと姉が遊びに行った時は、祖母も叔父もいつも気遣ってくれ、
欲しい物を買ってあげると、買物に連れ出してくれたものです。

昔の時代だったこともあり、祖母と叔父を偏見の目で見たり、
こちらが分かるように馬鹿にするような言葉をわざと吐く人もいたり、
知り合いから 冷たくされることもありました。

わたしはいちいちそれらの言動に反応し、
怒りをあらわに言い返しに行こうと何度もしましたが
それをいちばん止めたのも、祖母と叔父でした。

人に涙を流すような想いをさせれば、
自分は血の出るような想いをするものだから
、と。

あなたがそんなことをすれば、あなたに戻ってくると言うのです。

恐れも愛も循環する。
どちらを循環させたいかを選ぶことができるのも、また自分なのです。
 

誰かが感じることは、わたしがコントロールできるものではない

「夢中になる」「没頭する」ところが人より多いところ、
その時「いい!」と思ったことには突き進み、邁進してしまうところ、

そんなわたしの部分を「いい!」と言ってくれる人も、またいました。
視点や考え方、価値観、人の捉え方は様々です。

それらの視点や考え方、価値観は、
わたし以外の誰かが感じることで
わたしがコントロールできるものではない
んですよね。
 

わたしの《喜び》や《幸せ》は
わたし以外の誰かにかかっているんじゃない

 
わたしの部分を「いい!」と言ってくれる人もいるように
出来事やものごとに対して

自分の反応のしかたもひとつだけではなく
様々な反応をしてもいい!いろんな気持ちや価値観を選んでいい

《居心地の悪さ》や《がっかり感》、《不安》、《罪悪感》が湧いてくるのは
自然な感情。
でも、心をどこに向けさせるかは自分で決められる。

心の扉を開ければ《幸せ》のエネルギーを自分に流し込める

  

 
「素敵な息子のつくり方」と言われた後に考えました。
何を素敵だと思ってくれたのだろう?と。

楽しく、面白く、子どもたちとは過ごしているけれど
そこなのかな???とかね。

ただ、自信を持って言えるのは

  • わたしの心の扉はいつも開いている。決して閉じない。
  • 子どもたちがどんな反応であっても、わたしは味わい愛でる
  • そこから《喜び》や《幸せ》を見出す(長期視点で)

これらは子どもたちが生まれてから、
子どもたちから意識させてもらったこと。

どの瞬間にも純粋な幸せのエネルギーが流れている
わたしが初めて意識できたことが、子どもたちとの出逢いでした。

そこから
パートナーシップも同じようにできるはずだと見直すようになったんだよね。

《幸せ》のエネルギーは常に流れてある。

そこに向かって心の扉を開けておかなければ
《幸せ》のエネルギーを自分に流し込むことはできない。

つまり、自分の《幸せ》は、
誰かが何かをしてくれることにかかっているのではなく、
《幸せ》エネルギーは常に流れているのだから、
自分で流れを引き込んだらいい。
 

《居心地の悪さ》や《がっかり感》、《不安》、《罪悪感》などの恐れ
《喜び》や《幸せ》などの
同時に感じることはできないの。

恐れを手放したい時は、
《喜び》や《幸せ》などの心地よさを感じる自分に切り替えることが必要。

だから心の扉は開いておく。

それが
自分を愛でるということです。

いちばん大切にしたいことを
いちばん大切にしていこう

たった一つ、人生で必要な努力は
「自分を愛でる」努力

現在ご案内中の講座・イベント情報

8月17日(土)
LIFE TREE CARD グループセッション in 東京

8月18日(日)
愛とお金の魔法の質問 夏祭りin東京
第1部 13時~16時/第2部 17時ー20時

2019年9月7日(土)/8日(日)10時〜17時
魔法の質問LOVEカードトレーナー養成講座 in 大阪


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加