LOVE CARD

自分に合わないことは避けていい

先月、故郷に帰って
海の青さ、ゆるりとしたエネルギー、落ち着いた空気感に
自然であること、それがいい!!!!!

ここがわたしの本来の心の位置!と思える場所に戻れました。

叔父と姉と久しぶりにたくさん過ごしたことで
人の姿もこれこれ!自然が楽!!!と痛感しました。

わたしは田舎育ちで、
自然とただただ遊び、お腹が空いたらご飯、遊び疲れで寝るという
オテンバだけで生きていたから、
人の期待や思惑の中で生きてこなかったと思います。
(それは守られていたんだとも思いました)

それもあって
ここ数年、わたしは「人の期待や思惑な動き」に敏感で、
たとえば
力や人気、成功している人などの光を求めて左右され、
振りまわって、人によって態度が変わる人たちを感じると、
関係性からサッと身を引きたい気持ちになって
距離を置くことが多かったように思います。

今はそんな時期なんだ、と思えるような心の広さは持てず、
「苦手だ。どうぞそちらでご自由に。。。」と
その空気から抜け出していました。

「わたしの方が(力のある人と)距離が近いのよ」のような
よく分からない争奪戦の土俵にあげられたり、
それらをアピールすることが好きな場合も
気分が悪くなってしかたありませんでした。

ん?それはちょっと人として失礼じゃない?
ふとした言動から感じる違和感を
わたしは逃さずにきたように思います。

なんか自然じゃない。。。。。といった違和感。

同じような動きでも
「人が本当に好きなんだな」「調和を重んじる人なんだな」と
心から感じられる人には、そんな風に思いません。

いろんな想いが交差し、いろんなことを価値とし、
いろんな人がいるのが世の中。

それがまた人間で、
お互いに反応し、時に化学反応になり面白いセカイになるのだな、、、
とも
この数年、感じ続けてきました。

みんなが同じ感覚ということは、成り立たないんだな、と。

それは逆に、
わたしが楽に過ごすセカイも
同じような感覚でいれる人もいる!ということだとも思い、

限りある時間を
自分の好きなセカイを追求し、
そこで存分に遊び、過ごしたいという気持ちが膨らみました。

世の中にはいろんなことがあるけども
でもわたしは
自然とただただ遊び、お腹が空いたらご飯、遊び疲れで寝るという
オテンバだけで生きてこれた。

それは守られていたんだと再度知ったことで
大人になった今は
自分の身は自分で守れる。

自分に合わないことは避けていい、と思いました。

そして
一緒にいて「楽」ってことは
モヤモヤしない、我慢がない、苦しくない。

そんなことすら考えない。

存分に好きを追求し続けられる!=魅力全開ということです。
穏やかで、居心地が良く、楽しくて、時間も忘れちゃう!

そう意識すると
同じような感覚の人とは自然に距離が縮まるもの。

自由な発想が生まれたり、
ことの流れもスムーズになったりします。

運命変えちゃう素直力!と言う
本来の意味はそこ!!!

自分の感覚、本音で生きていい。

むしろ、そのプロセスの中で
変容が起こるのです。

純粋に自分の感覚、本音で生きることで
夢は叶う、、、というより
夢を引き寄せる。

自分に合わないことは避け、自分の身は守り、
より、自分のセカイを追求して生きよう!

そう心から思って過ごしています。

 




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください