運にも愛される人は、ぶつかることを恐れない。

先日の記事、驚くほど読まれてます。。。
ありがとうございます。

関連記事

結婚生活を終えてすごく聞かれるようになった言葉。 また結婚したいと思う? そしてこれらを聞く大抵の人は「結婚生活はもういい」と思っているし、そう言う。 パートナーは欲しいが、結婚はしなくていいということね。 […]

わたしならこう思う!
そんな自分が感じている力強いものを口に出していく。

このようなアドバイスを1週間の間にいただいたので(しかも3人以上に)
わたしならこう思う!を意識して表現しようと決めた最初の記事でした。

思った以上の反応があって驚きましたし、嬉しかったです!
読んでくださり、ありがとうございます。

恋愛相談を聞いてきた中で
「運にも愛される人」、「不思議と愛される人」、
「恋愛と同時にすべてがレベルアップする人」という人に出会うことが
やはりあります。

その方々の共通点は

出会った最初から、半端なく心を開いていて(むしろ丸裸くらい)
相手を心からの敬意を持って知ろうとし、ありのままの姿を見せる。

誰に対しても、自然にも、見えないものにも、同じ。

心を閉じることの方が
本人はモヤモヤする・・・といった感じでしょうか。

そして
自分自身以上に、わたしを理解してくれる のです。

たとえば、わたしがどんな方向に進んでいいのか迷っているとき
わたし以上に、わたしを信頼し、

「できるかな・・・」と不安に思うことでも背中を押してくれ、
たまに「は?なんでやらないの?」とまっすぐにぶつかってくれる。

できないこともあるよね!と言う方が
波風は立ちませんが

わざわざぶつかってくれる。

それは
心底この人ならできると思っているから、なんですよね。

わたしが恋愛相談を聞いてきた経緯から話すと
「悩みの渦から抜け出せない人」、「傷つきやすい人」、
「同じことを(人を変えて)繰り返す人」、「寂しがりな人」って

人生の中で、心から人に寄り添ったことのない場合が多いです。

心に向かおうとしないことは、
喧嘩にならず、表面的にはうまくいきますが、

分かち合いの奥にある、絆や一体感を得ることは難しいでしょう。
悩みや寂しさから抜け出すことも。

心を開く、ぶつかるとは
本人になれることはなく、相手のことを100%わかることもできないけれど
こちら側は300%の信頼で向かうこと。

「運にも愛される人」って、たとえ相手に受けとめられなくても
喧嘩になったとしても、心を開くことをやめません。

傷つくことを恐れず、どう思われるか周りを気にせず、
「言えることは言った!」と笑い飛ばせるほど、
大切なことをいちばんに大切にできるのです。

そういう勇気を出せる人は、運からも人からも必要とされます。

ハッキリ言うこと、ときにぶつかること は
大切な人を傷つけるように思われがちですが

「これまで積み重ねてきた感覚、軸、人格」から溢れるならば
相手の心の根っこには届き、響き、残ります。

ここで心がけたいことは
「寄り添う」と「思うようにする」は、別物だということです。

相手が
自分自身以上に、わたしを理解してくれる と思うことが
「寄り添う」ことで

相手が
拒否ならば
あなたの「思うようにしたいエゴ」が働いたのかもしれません。

↑これも学び。

一度きりの人生です。
心の扉を300%開けてみませんか?

運にも愛される・・・可能性は広がります!

愛そう、愛されようという
自分の心からの温かな思いを大切に

たった一つ、人生で必要な努力は
「自分を愛でる」努力

 

ご案内中の講座・イベント情報

2020年1月11日(土)12日(日)10時〜17時
愛そう、愛されようという 自分の心からの温かな思いを大切に

魔法の質問LOVEカードトレーナー養成講座

大阪開催 2020年1月18日(土)9時半〜18時
たった一つ、人生で必要な努力は「自分を愛でる」努力。

LIFE TREE GUIDE養成講座


講座の先行案内はこちらから

Blog更新情報などはこちら
友だち追加