共にいる人を選んでますか?

夢に向かっているときほど
共に過ごす人を選ぶ。

昨年度、長男は大学受験でした。
学力は人に言えるほどではなく
行きたい大学を口にすることもできない状況。

まず、三者面談で担任の先生に話すことにしました。
先生方は学力をベースに志望校を提示してくれます。

「それでも行きたいのならまず先生に言ってみたら?」と話していました。
話す勇気も湧かないのなら 気持ちもその程度かもな・・・
と内心思いつつ。

先生は「本当に行きたいなら努力が必要だぞ」と言い
それから応援し続けてくれました。

長男の周りにいる誰しもが
共に応援し合い、
「無理でしょ!」等と言う人、笑う人もいなかった。

最後まで粘り続けられたのは
もちろん本人の努力と未来をつかむ気持ちだけれど
そう居られた環境は
とても大きかったと思う。

自分の夢を
まず自分が心から信じ、臆せず

そして
共にいる人を選ぶ。

その心地よさや喜びは
夢への取り組みを確信させてくれるひとつだと思う。


『共にいる人を選んでますか?』

4月25日(土)・26日(日)10時〜17時
*少人数で開催予定

4月11日(土)・12日(日)13時〜17時
*ZOOMにて

 

りんごろからのお知らせ
月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」40代後半に出逢ったふたりの いつもの日常

 
Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加
 
講座の先行案内はこちらから