LOVE CARD

ワクワクの意味が腑に落ちる。

5月から新たな学びを深めてきた。
今も継続中。

(光が降っているようで思わず撮った写真↓)

そこで
何度も何度も何度も何度も
耳に入ってきたのは

「ワクワクすることをやる」
「情熱から動く」

 

日々、何かすることがあったり
誰かと過ごしても
楽しい時間にはなるが

すべてを一度手放してみないと
見えてこないこともある、と
何故だか ふと思った。

 

日々の慣れ、
当たり前と思っていることも
ここで
ゴッソリと見直したくなった。

 

わたしは思ったことは
気づけば必ずやっている。

他のことで誤魔化したり
流したりできない質。

 

そして実行するんだなー
つくづく体験好きだと思う。

 

一度、俯瞰してみたくて
すべてに距離を置いて自分を見つめた。

それは家族に対しても、だ。

距離は近いし
いつも側にいるけれど
心は、離してみることはできる。

 

フラットになると
何に心が踊り、
何に興味をすごく持ち、
どんなことが好きなのか、

自分がくっきり見えてきて
その自分にワクワクした。

↑これこそ「わたし」だな、と。

 

 

恋愛で悩む人の
本当の気持ちが
くっきりと見えてしまうのは

いつもフラットな位置で
俯瞰して見てるからだと改めて感じた。

 

こうしたわたしの行動に対して
「距離を置かれた」と言う人もいたが

ほとんどの人は
「ひとりで自分を見つめてるね」
と言ってくれていた。

なにより家族は
これまで以上に思いやりをもって接してくれた。

人を信頼して受けとめるということは
こういうことだよね。

 

「ワクワクすることをやる」
「情熱から動く」

とは
自分の根っこで動くこと。

 

それを実行することが【変容】で
わたしが変わると
その波動を好む人は
その【波動】にやってくる。

やってくるということは
またその人も【変容】であり
互いに
ゴソっと違う波動の世界へと移るということ。

その【波動】に前からいた人もいる。

 

家族とともに
ゴソっと意識が移動できたことは
とても面白い体験だったと思っている。

 

そのうち
家族でも【波動】で分かれることは
あるかもしれない。

 

 

このような
いろんな【波動】の世界があるというだけ。

違う列車に乗っただけ。
だが、違う列車に乗れば終点も違う。

自然に会わなくなるワケだ。

 

そのうち
列車の乗り換えができなくなる時代が来るだろう。

だからこそ
「ワクワクすることをやる」
「情熱から動く」
って

すべての素で
いちばん大切にすることなのだと思った。

 

 

体験したことを自分の腑に落とすには
時間がかかるかもしれない。

10年単位の場合もあるだろう。

人に裏切られ、人を信頼できなくなり
お酒に溺れてアルコール依存になった父。

他人だったら俯瞰できたが
暴れて家族を崩壊させる姿を
わたしは自分の中でゆるしていくまでに
20年かかっている。

 

そして父は
いつの間にか違う列車に乗ったのだと
そこが彼の【波動】の居場所だったのだと思えるようになった。

 

それでも自分を変えたいと
わたしが思ってきたのは
ワクワクや情熱で生きたいからだ。

 

心からただただそう思う。

 




♦INFORMATION♦︎

《一番大切にしたいことを一番大切に》


《本音で心の扉を開く》





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください