シンクロニシティに常に驚く

心のままに在ろうとするとき、
その心のままでいさせてくれる環境と周りの人たちに感謝がこみ上げる。

いつもいつも心の動くまま、
感情的でもあるわたしを ただただ受け入れてくれ、
ニタニタとネタにして、ユーモアに変えてくれる子どもたちには、
もうほんとに どちらがオトナなんだろう?と思うばかりで。

元パートナーも子どもたちにつられちゃうのか、
感謝からか、
見えない絆を断たずにサポートしようと
今だに考えてくれているのも伝わる。

心のままにあることは、
心の中の雑多なものを手放すことでもあって、
その空いたスペースには、与えたいと思ってくれる人たちが
真っ直ぐな愛をどんどん注いでくれることでもある。

そんな循環を感じることばかりで、ありがとうがいつも繰り返され、
そうなると日常の中の「ありがとう」に気づくことが頻繁に起こるし、
すれ違う人までありがとうを歌っていたりして、
シンクロニシティに常に驚くというか。

ありがとう、は わたしこそ伝えたい。

「紫、好きすぎるやろ!」とツッコミながらも、
朝早く出るわたしを必ず玄関で見送る
まだ目の開かない子どもたちの優しさを、
3人揃って感じることができるのも、、、多分あと少し。

わたしも
さらに
ありがとうをこめよう。




♦INFORMATION♦︎












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください