ありがとうは言えても「ごめんね」が言えない人へ

人は、自分が間違っていると思いたくないし、
よかれと思って行動しているので、「心から謝る」という言動を好まない。
 

 
負けた気になる、とか
自分がやったことが認められていないと思うと、自信を失う気がするから、、、だろう。

心からよし!と自分が思えていて、それを自分がいちばん認めていたら
頭を下げたり、謝ったりすることって大したことじゃないし、

誰かに嫌な思いを故意にさせてはいなくても、
後で聞いて、心から悪かったと思ったり、
すごく嫌だったと言われて、謝った方がいいと思うなら(故意じゃなくても)
頭を下げて謝ったらいいとわたしは思う。

そこにプライドとか、認められていないとか、
そんなものはいつでも構築できるから、
今、失くしたくないもの、後悔しないことの方を選んだらいい。

 
今は潔く受けとめて行動し
その後、
「自分はその人とどういう関係性でいたいか?」は自分が決められるんだよ。
 

ブーブー言っちゃうのって、
どこか「自分ごと」ではなく「他人事」としているからなんだよね。

いつも人のせいにしていても、そのエネルギーは大きくなって自分に還ってくるだけ。
人に文句を言われる状況を引き寄せちゃうし、ずっとそのステージの循環。
 

その場(ステージ)から、自分が抜けないとね!
 

でもね!!!
人間だから 愚痴っちゃうっていうのも時に必要なの。
いつもクリーンな人でいるのって、ブッダでいることと同じだから、難易度高いんだわw

「ここだから言っちゃっていい?」なんて、
何でも言える友やパートナーを確保しといてね!
もしくは、そんな関係性を育んでおくことー❥

間違っても、メールとかで相談しないでね!

何故?って???
残るし、重いからだよwww 

  

  
「ごめんね」を言えるって、ひとつの山を一緒に超えられるの。
互いの関係性は発展するんだよ❥

と、
こんなことをなぜ伝えているのか?と言うと

嫉妬はしてしまうんだけど、なかなか素直になれない

という相談がきたから。

 
これは
ありがとうは言えても「ごめんね」が言えないことと同じなの。
  

嫉妬は、攻撃性を生むし、無意識に攻撃していたりもする。
これって、「関係を育む気がない」というところが伝わるの。
いくら良いことを言っていたって、見てる人は見てるよ。(ホラーか!)
 

 
間違いって誰にでもある。
それをゆるしあっていくことが、人の関係性も人間性も深めていく。

「ごめんね」は、とても大切な言葉のひとつだよ。

 
ゆるしの言葉は、感情の徹底的な浄化になるし、
「これ以上、このマイナスのエネルギーを心にも体にも持ち続けない」
というキッカケにもなる。

 
どれだけ時間が経っていたとしても
「ありがとう」や「ごめんね」は届ける。

素直になって。

  

  

  

 

嫉妬はしてしまうんだけど、なかなか素直になれない、
ありがとうは言えても「ごめんね」が言えない、

旦那は留守がいちばん、でも別れない、
ひとりが楽、だけど彼が欲しい、

これらも同じです。
 

何故かって?
 

自己完結はしているけれど、
関係性を育むことはしていないから。

なのに人のせいにしちゃうー。
それ、ホラーですw

  
自己完結を超え、
関係性を育むことを伝えているのが
ラブカードトレーナー養成講座です!

興味のある方はぜひ!!!






♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》


《自分を生かしていきる》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加