いないところで言われる言葉は。

次男坊の二者懇談があった。


事情があって担任の先生が6月に変わり、
新たな先生との懇談だった。

そのことについて
先生は最初に頭を下げられた後、
「急に担任が変わったことを ご自宅では何か話してますか?」と聞いた。

前任の先生も慕っていたので、最初は残念がっていたけれど、
先生のことも慕っていて、学校が楽しくてたまらない、と話してます、
と事実を伝えた。

そんな風に、先生が気にしてくださることが
わたしには温かく、ありがたいと感じた。


先生は
「実は、最初に教頭とクラスに挨拶に行った時、
生徒はざわつき、イヤだ!とハッキリ口に出す子もいたので

わかってはいたけれど
そうだよな・・・と不安が押し寄せてもいたんです。」

そして教室を出たら
次男坊君が追いかけてきてくれて、

「今はみんなも残念だと思ってるし、
不安だからざわついているけど、先生のことも慕っていくと思います。

そんなクラスなんです。
だから、やりにくいこともあるかもしれないけど最初だけです!

何かできることが僕にあるなら、言って下さい。
みんなに話すから」

と伝えてくれて
嬉しくて、泣いてしまったんです。

前任の担任が変わることも
「どうして変わらないといけないのか?あんなにいい先生なのに!」
と、校長先生にまで、理由を聞きに行ってたんです。

次男坊君の 想いを行動にうつし、人を思いやり、
言葉にして伝えるコミュニケーション力は素晴らしく、強みですね。

そんなところも活かせるように接していきたいと思っています。」

先生はそんなことも話してくれた。


楽しそうに学校に通っていて
それだけでわたしは嬉しく思っていた。

最近めきめきと優しくなっていて、
愛が溢れてるよなぁと思ってはいた。

娘っこは絶賛思春期中だが
長男と次男坊の優しさの深さに
この何年かは何度も何度も救われていると思ってもきた。

(親バカでごめんなさい)

そして、気づいた。


わたしの周りにいる人達は
言葉は優しく、愛の深い方ばかりだと。
本当に。

そう思えば思うほど、
喜びがこみあげてきた。

いつからかわたしのセカイは変わっている。

試したり、疑ったり、心配したり、、、
ではなく
信頼がベースにある人達ばかり、で
その温かさにいつも助けられていて。

わたしもそんな温かさを返せていたらいいな、と心から思う。

身近な家族がいちばん難しくて、
でも
身近な家族と絆を深めることができている今は
わたしの自信になってるな・・・と思う。

答えって
外側ではなく、身近なところにいちばん反映される。

恋愛相談を聞いていても思う。
答えはいちばん身近なところにある、と。

パートナー、親、子どもとの関係。
それらが自分のやっているコミュニケーションのベース。

改善するならそこからだと、わたしは思う。


相手は変えることはできないが
自分の行動やコミュニケーションは変えられる。

そこに必死でトライしてきて
今も向き合い中で
でも、やってきてよかったな、と。


自分を変えること、
自分と徹底的に向き合うことの苦しみはゼロではないが、
かけがえのない愛を体現できる。


それは
同じように、自分と向き合ってきた人達とも繋がること。

そのセカイを感じられるようになれたことも喜び。
まだまだ修業中だけど。

先生との時間は日常の中の大切なことを
ギュッと濃縮して教えられた時間に感じました。

なんだかね、
そんな時間の流れから、
今福岡に戻っていることが必然のように思う。

昨日は子ども達の成長も母のお墓に報告できた。
叔父にも十分に甘えている。

生んでくれてありがとう、なのです。


人が
本人のいないところで言っていることは
ものすごく大事なことが詰まってある。

陰口は別
本人に言えないことは、取るに足りないこと。
言っている人の課題だから。

次男坊がより一層愛しい(╹◡╹)♡
(親バカでごめんなさい)


募集開始
魔法の質問ラブカードトレーナー養成講座

8月17日(土)
東京にてグループセッション
詳細は近日公開します。

8月18日(日)
ラブカード&マネーカード祭り!
詳細は近日公開します。


講座の先行案内はこちらで

Blog更新情報などはこちらで
友だち追加