格好をつけていては手に入らない

愛情深いと言われることがある。
愛情深いということは、独り占めしたいという気持ちも強いことだと
わたしは自分のことを思っている。

いい人なんかじゃないし、
いい人をやって疲れたし、
だけど
ワガママかもしれないけれど、
そこに嘘はないと思っている。

img_0832-2.jpg

 

愛情が伝わるということは、ある意味欲望も丸出し状態だとわたしは思う。

子どもを大切にしているということは、
自分で意識していないと
子どもをコントロールしたいという欲求でもあって
だから子どもの気持ちを常に聞くのであって、
いつでも話ができるような自分であろうとしているだけ。

以前、パートナーシップについて書いたのだけど

それがわたしのパートナーシップ【最近いちばんドキッとした質問】

格好つけていいところだけを見せておく、ということは愛においては不可能なのだと思う。
恋ならあるかもしれないね。

恋はときめきで、愛は育むものだから。

愛がほしい、寂しいと言う大人の恋愛相談をたくさん受けてきたけれど
大半は恋したいのであって
愛を育てたいとは言ってはいるけれど、心からは思っていないように感じることもあった。

img_1371.jpg

愛情が深いということは、独り占めしたいという気持ちも強いことだと
自分の光も闇もどれだけのものなのかを知っていることも大切で、
そして、相手の愛の光も闇も受けとめたいかどうか
自分に問うことは大切だと思っている。

すべて、他人ではなく 自分で決めているのだから。

 

わたしはいつからか自分に問うことよりも
母としての「かたち」や「責任」などを重んじてきたように思う。

自分を見ることもできなかったから、パートナーと心から向き合うことなんてできず、
それを相手のせいにしていたように思うし、
そんなわたしだったから、向き合ってくれる人も現れなかったのかもしれないなとも思う。

 

愛は、格好をつけていては手に入らない。
自分の欲深さやワガママさを知り、それを正当化せずに
言葉にできることから
愛の育みは始まるように思う。

そして
そんな表現ができるようになれば
なぜか共感され、応援され、仕事もうまくいったりする。
格好をつけず、むしろカッコ悪いのに、人間味があるなんて言われたりもする。

愛って、自分が育むことで
勝手にまわりに伝わってもいくのかもしれない。
そんな共鳴のセカイで わたしは過ごしたい。

 




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください