カウンセラー・コーチ・講師のための『しつもん』★ No.9

『しつもん』について もっと教えてほしい!!!
そんな声をいただきます。

ひとりで机に向かって『1年後はどうなっていたいかな?』と考えても
なかなか答えが出てこないけれど
『しつもん』されることで
自然に考えたり、気づきを得たり、新しい発見もします。

わたしがカウンセリングや講座、お話を聞く上で大切にしているのは
その人の想いで一歩を踏み出すこと。
(その人の選択を奪わないこと)

自分のハートからわく想いを言葉にすることは
尽きることのない魔法を自分にかけていくことだと思っています。

image


『あなたの悩み、解決したいこと、課題は何ですか?』

大変なことが起きたときや、
乗り越えたいことがあるときに使える『しつもん』です。

この『しつもん』に答えると
ムードが悪くなります!!!

ちょっとわたし大変だよねー

現実は厳しいよねー

どうしてムードが悪くなるかと言うと
それは 答えの前に見えない『なんで?』が隠れているからです。

悩→「○○さんとの関係性をどうにかしたいなぁぁぁ」
そんなお悩みがあるとしたら質問!→「なんで○○さんとの関係がうまくいかないんだろう?」
と自分に問いかけてしまいます。
悩→「ダイエットしたい」
そんなお悩みがあるとしたら質問!→「なんでダイエットできてないんだろう?」
と自分に問いかけてしまいます。

悩→「好きなところに旅行に行きたいなぁ」
そんなお悩みがあるとしたら

質問!→「なんで今時間がなくて旅行にいけないんだろう?」
と自分に問いかけてしまっています。

 

人は無意識に
『なんで?』を使った『しつもん』をしてしまいがちです。

『なんで?』を使ったしつもんは、物事が解決しない状況を
生み出してしまうこともあります。

『なんで?』をしつもんすると、返ってくる答えは・・・
もっともらしいことを言っているようですが、ほぼ言い訳なのです。

では
しつもんを『なんで?』から始めるのではなく
『どのようにすれば?』に変えてみましょ。

悩→「○○さんとの関係性をどうにかしたいなぁぁぁ」

質問!→「どのようにしたら○○さんとの関係がうまくいくだろう?」
悩→「ダイエットしたい」

質問!→「どのようにしたらダイエットできるだろう?」
悩→「好きなところに旅行に行きたいなぁ」

質問!→「どのようにしたら旅行にいけるだろう?」

 

答えは 言い訳ではなく、解決策・アイデア・行動が出てきます。

相手を変えるのは難しいですが『しつもん』を変えると答えが変わります。

相手を変えようと思って変えたのではなく
自分の関わり方を変えることによって 相手が変わっていきます。

大きな違いとして問題が解決できるムードになってきます
わたしはよく『なんで?』と聞いていました。

それは・・・

♦︎自分が知りたいことだから
相手のための『しつもん』ではなく、自分が聞きたい『しつもん』でした。

そして
自分が聞きたい『しつもん』は、尋問だったことも今ならわかります。

わたしは、自分が満たされていなかった。

だから自信もなく「なんで?」と聞かれることを無意識に恐れていて
先に自分の知りたい「なんで?」と聞いていたのかもしれません

♦︎『しつもん』は無意識を意識化するもの。♦︎

漠然としたものを、自分の中で深く意識できます。

わたしが知りたいこと
より
相手のことを考えて『しつもん』しましょ♡

 

尋問(自分のためのしつもん)を
効果的なしつもん(相手のためのしつもん)に。


◉7月17日(水)10時〜17時
魔法の質問カードマスター養成講座

◉8月17日・18日
東京にてセッション・ラブカード祭り!


*講座の先行案内はこちらで

*Blog更新情報などはこちらで
友だち追加