神社で感じてきたこと

2016年、いちばん足を運んだのは神社だと思います。

わたしは神社好きだったワケでもなく、
そんなに信仰も強いタイプでもなく、
その神社の神さまがどんな神さまなのかも詳しく知らず、

声をかけてもらったり、連れて行ってもらう流れから、
神社に足を運ぶようになりました。

その時間の中で感じたことがあります。

大きな大きな温かさに包まれてあること、
それは両親などの守護してくれているであろうエネルギーとはまた違う
温もり。

そして
神さまに会いに行けば行くほど、可愛がられていることを感じるというか・・・
身のまわりに起こることが変化していきました。

神さまの前では、やはり正直になります。
鳥居に入ったときからわたしは、
自分がなぜここに来たのかを 心の中で話し始めます。

人との関りと同じように
大切に思う気持ちを神さまにも感じながら、親しみと尊敬を交えて話しています。

そうしているうちに
現象として、何かを見せてもらえることが多くなりました。
(これは自分自身での確認なので、主観かもしれません)

いつからか、
お願いしたことは「お願い」ではなく、自分の中のコミットとなり、
実行、実践するときに背中を押してもらえたり、
出来事がどんどん進んだり、、、が続きました。

神さまと繋がっていることを実感し始めたとき
自分との繋がりも、人との繋がりも深いものに変わっていました。

でね、「お願い」したことを
自分が信じられないときや疑っているとき(お願いしておきながら^^;)
お願いしたのに、いつもの習慣や常識を優先しているときは
そのお願いは叶いませんでした。

その時、人との関係においても同じだと思いました。

相手を信じられなかったり、疑っていたり、
言っておきながら自分を変えなかったり(習慣を選ぶ)、
相手より常識を優先すると(世の中のルールを選択)
それはうまくいかないですよね。。。

自分のしていることを
客観的にまざまざと見せられているように感じました。

神さまって、こうして見せてくれるんだな、と
やはり大きな愛情を感じずにいられません。

それだけではなくてーーー

同じように
大きな愛情をかけてくれる人たちがわかるようになり
その愛情を受けとり、
受け入れる喜びも更に感じるようになりました。

わたしは
なにより
受けとることを恐れていたんだな、と気づいたので

どんな愛情もジャッジして
好き、とか 嫌いで判断するのではなく
まずは愛情を与えたいと感じてくれたことに感謝し、受けとめるようになりました。

そうしたら
仕事はさらに順調になり、肌ツヤは良くなり、
ご飯をさらに美味しく感じるようになりました・笑

神さまのおかげもですが
人との出逢いのおかげだとも思っています。
誘われてなかったら、行ってないのでね。

 

そして今日も神さまに会いに行ってきます。
本当は朝から行く予定だったのだけど、いろいろあり時間変更(*_*)

わたしにとっての
神さまとのご縁は自然に還ること、です。

自分の自然体、
そして緑や空、大地などの自然を感じることなのです。




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください