自分と深くつながれば 本当につながるべき相手と結ばれる

調和とは嘘がつけないこと。

自分に正直に生きると決めてから
今まで違和感程度だったことでも
心地よくないなと思ったら
選ばないこと、やめることにしている。

どれくらい真剣に自分と自分の人生に関わっているか、
最近はそこに自分の身を置いている。

だから、人の話をする人より
自分の話をしている人の方が過ごしやすい。

あの人がこうだ、誰々がどうだ、
こうした方がいい、責任がある、、、の話は
わたしの耳を通り抜けていく。
正しいこと、の主張も通り抜けていく。

意識していなくても、通り抜けていくから不思議。

そう思うと、子どもたちの話は
自分主体だな、と感じる。
どうしたいか、が明確で耳に残る。
なんだか聞いていて、生きる力が溢れていることがわかる。

自分にとって本当に大切なものは何なのか?
そこが明確だと、それはもう軸というか
信念になっていて、エネルギーをとても感じる。

意思とか意欲の力で出すエネルギーと全然違う。

何が違うのか?というと そこには調和が生まれ
自由なエネルギー、表現が飛び交って
それはメロディを奏でているようにすら思う。

自分(個性)を生きるとは
本来の自分に戻ることをゆるすことでもあるね。

昔、流行った冬ソナ(韓流ドラマ)で
主人公のユジン(チェジウ)が
↑名前がでてきたことに驚く!

どんな家に住みたいか?と聞かれ
『形としての家はどうでもよくて
好きな人の心が一番素敵な家だと思う』
みたいなセリフがあったのだけど

そのセリフを聞いた頃は、
うんうん、素敵!なんて思ったものだけど
なんだろう、今は
安心な場所は自分で創る♡と思える。

自分で安心だと創った場所が
好きな人の心となることがパートナーシップなんだと思うし、
その意味からのセリフだったのかもしれないな、と今更ながらに思った。

ありゃ、話がかなりずれたような。

自分の安心な場所を創るには
愛からの選択が必要で
今までと違う自分をゆるしていくことでもあるな、と思う。

ということで
周りにいる人が、どんどん変わっている最近なのである。

調和とはその場、その人に合わせることではない。
嘘がつけないことだと思う。

o0480064013667276243

最新情報をチェックしよう!